雪景色を行く

20200217.jpg
2013.2.17 福知山線 市島~黒井   Nikon D300  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO400

今年の冬は暖かく、今シーズンここ神戸は全く積雪がありません。
福知山線に183・381系が走っていた頃は、ワンシーズンに数回はうっすらながらも雪が積もったので、休みが合えば雪景色を求めて撮影に行っていました。

この日は前日から雪が降っていたので、早朝から福知山線北部へ向かいました。
まずは381系の「こうのとり6号」を狙いに市島へ。
思ったより雪は積もっていませんでしたが、何とか道床や木に雪が残っていました。
これで晴れてくれたら最高なのですが、生憎全く晴れる気配はありません。
それでも、雪景色の中を走る381系は国鉄特急色も映えてすごくカッコよかったです。

その後も、雪が積もると撮影に出掛けたのですが、ついに雪晴れのシーンを捉えることなく、国鉄型特急電車たちは引退してしまいました。
散々、国鉄特急色の山陰・福知山特急を撮りましたが、それだけが今でも心残りです。


鉄道コム

スポンサーサイト



夕刻の南茨木にて

20200213.jpg
2020.2.13  阪急電鉄京都線 茨木市~南茨木   Nikon D500  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200

今日は休みでした。
先月シフトが決まった時から一日中撮鉄をする予定をしていましたが、週間予報の段階から天気は雨予報・・。
意気消沈して家に篭ることにしましたが、昨日から予報が急転!
午後からは晴れるとの事なので、予定通り撮影に行く事にしました。

朝のうちは天気が悪いので惰眠を貪り、遅い朝食後に家の用事を少々こなして昼前に自宅を出発しました。
目指すは山崎、狙いはPF牽引の5087レです。
1時間足らずで予報通り快晴の現地に着いて、セッティングも完了。
ここで初めて今日は何号機かな~、と呑気にスマホで情報収集すると・・。

ウヤでした・・。

事前に自宅で調べておけば良かったと後悔しても後の祭り・・。
とりあえずやって来た桃太郎牽引の貨レを一本撮って、即撤収しました。

さて、このあとですが、折角山崎界隈まで来たので、阪急京都線を撮る事にして南茨木へ向かいました。
南茨木駅付近の駐車場にクルマを入れて、目的地である駅至近の踏切へ到着すると、目の前を8300Fの梅田行き上り普通が通過していきました。
この8300Fが梅田と河原町で折り返して再び上りでやって来るのは約2時間後。
それまでやって来る電車を片っ端から撮っていきます。

ところでココは狭い踏み切りなので、三脚を立てることが出来ません。
また構図の自由度も極めて狭い場所なので、前パンの車両はどうしても上下がカツカツになります。
三脚なら微調整を繰り返しベストな位置で固定する事が出来ますが、手持ちはそうも行かず、ほんの少し構図がずれて上下が切れてしまうことしばし・・。

そして、2時間近く待ってやって来た8300Fも、南茨木駅に停車するのでかなり低速でやって来たにも関わらず、ベストの切り位置でパンタを切ってしまいました・・。

絶好の光線状態だっただけにショックは大きかったです。
この後すぐに来た8301Fは何とかうまく撮れたので、今回はこちらを掲載させて頂きます(笑)。


鉄道コム

489系白山色「雷鳥」

20200208.jpg
2001.2.10  東海道本線 高槻~山崎  Canon EOS-3  EF300mm F4L IS USM  RDPⅢ

今日明日と、娘が学童保育の行事で兵庫県北部のスキー場へ行ってきます。
先ほど集合場所まで見送って来ましたが、こちらは体調不良など万が一の時のために迎えに行ける様に、この2日間は自宅待機しなければいけません。
せっかくの連休ですが、なかなか撮影に行けませんね・・。

という訳で今回も旧作で恐縮ですが、白山色489系の「雷鳥」です。
約20年前になりますが、この頃はブルトレと終焉迫る「白鳥」狙いで、よく上牧の築堤に通っていました。
そのなかでも、この白山色の「雷鳥」はこの時しか目にしたことがありません。
定期運用では「雷鳥」に白山色が充当されることはない筈でしたが、この日は土曜日だったので臨時「雷鳥」で充当されていたのかもしれません。
当時はあまり白山色は好みではなかったのであまり気合が入っておらず、写真の出来にも反映されていますが(笑)、今となっては貴重な記録になりました。

そして、撮影場所であるこの上牧の築堤は、かつてはガイド本にも載っていた有名撮影地ですが、今はもちろん立入禁止。
この頃の「白鳥」フィーバー時には多くの撮影者が集まりましたが、私が行った時に限って言えば混乱はありませんでした。
時折保線の方が通りかかっても、「気をつけて撮ってね~」と一言のみ。
撮影者も、少なくとも今よりは周囲に気を使って撮影していたと思います。

昨今の撮影地減少は、何も撮り鉄のせいだけではなく安全性などで時代が許さなくなった事もあると思います。
しかし、偉そうな事は言えませんが、少なくとも自分はこれからもモラルとマナーを守って撮影して行こうと改めて思う次第です。


鉄道コム

蒼穹のRF-4

20200205.jpg
2018.2.6  百里基地    Nikon D500  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO200

今回はヒコーキです。
2年前の百里基地詣から1枚。
神戸から茨城空港へ到着後、レンタカーで最初に向かったのは離陸が撮影出来るR/W21付近のポイントでした。
既にF-4EJや飛行教導群のF-15は離陸した後で残念でしたが、RF-4の離陸を撮る事が出来ました。
轟音をあげて蒼穹を駆け上がる迷彩のファントムは文句なくカッコよく、感動と重さ(笑)で震える腕を必至に押さえながら夢中でシャッターを切り続けました。

そのRF-4も退役間近。
偵察隊は解散となり後継は無人偵察機になるようですが、「見敵必撮」の精神は、我々撮影者のココロにずっと刻み込まれる事でしょう。


鉄道コム



[ 2020/02/05 10:50 ] 飛行機 | TB(0) | CM(2)

原色415系の雄姿

20200202.jpg
2009.2.4  鹿児島本線 大野下~長洲    Nikon F6  AF-S ED300mm F2.8DⅡ+TC14EⅡ  RVP100 

今年に入って何とか初撮りは出来たものの、まだ冬らしいスカッとした晴れ間で撮影出来ていません。
今日は休みでいい天気なのですが、これから家庭運用が待っています。
さてさて、いつになったら今年初の満足行く撮影が出来るのやら…(笑)

と言うわけで新作が無いので、過去の写真から。
以前紹介したED76「はやぶさ」撮影遠征時に撮れた原色415系です。
上り「はやぶさ」撮影のために大野下駅外れのカーブで待機していると、後から原色の415系がやって来ました。
気付くのが遅かったため撮影出来ませんでしたが、まあ逆光になるし折り返しを狙えばいいか、と気を取り直してダイヤを確認。
どうやら、「はやぶさ」通過後それほど待たずにやって来そうです。

待つ事しばし、「はやぶさ」が通過すると、地元の方にとっては原色の415系など珍しくないのか、この場に集まっていた同業の方々は殆ど撤収されていきました。
しかし、個人的に大好きなあずき色とクリーム色の交直流色を纏った415系を撮れるのは恐らくこれが最後。
ある意味「はやぶさ」より緊張して通過を待ちます。

前走りの787系「有明」が通過すると、次はいよいよ415系。
やがて近くの踏切が鳴り出すと、大野下駅に進入してくる415系が遠くに見えました。
そして、大野下駅をゆっくりと出発した415系が加速しながらこちらに向かってきます。
「はやぶさ」通過からわずか20分後ですが、より一層赤みがかった光線の元、検査明け間もないキレイな415系の美しい姿に感動しながら静かにシャッターを切りました。


鉄道コム

本年の初撮り

20200115.jpg
2020.1.15   東海道本線 さくら夙川~芦屋   Nikon D4s AF-S 200~500mm F5.6E ED VR   ISO400 

今日は休みです。
天気予報は曇り時々晴れと微妙でしたが、朝起きたら雲ひとつ無い快晴だったので、今年初の撮影に行く事にしました。

学校と仕事に行く娘と相方を見送ってからこちらも出発、狙いは今日は特急運用に入りそうな阪急神戸線8000Fです。
西宮北口駅までクルマで行き、阪急神戸線普通に乗って向かったのは神崎川駅。
ところが、電車に乗った頃から上空に雲が広がって来て、神崎川駅に到着した頃にはほぼ一面の曇り空に。
それでも、時折陽が射すので期待半分諦め半分で待った結果・・。

狙いの8000Fは撃沈でした。

うまく撮れればそそくさと帰るつもりでしたが、これでは帰る気がしません。
1時間半後に折り返してやってくる8000Fを再度狙う事にして、一旦神崎川駅を離れます。

十三駅ホームでうどんを食べて再び神崎川駅に向かうと、ホーム端で保線の方々が作業されていました。
その上天気も先ほどよりもさらに悪くなっているので、撮影を諦めて帰路につく事にします。
再び電車に乗り込み、車内で何気にスマホを見ていると、今日は網干訓練があることが判明しました!
それならスマシオあたりで撮りたいところですが、西宮北口駅からクルマで向かうには微妙な時間・・。
また天気も期待できないので、昨年「サロンカー明星」を撮った芦屋付近でお手軽に撮る事にします。

西宮北口駅でクルマに乗り換えて15分もかからずに現地に到着。
天気の回復も見込めない中、セッティングして30分も待たずにDD51が紫煙を上げて爆走して来ました。

これにて今年の初撮りは終了。
初撮りなのに天気は残念でしたが、今年一年天気に恵まれて欲しいものですね。


鉄道コム

夕刻の「北近畿」

20200108.jpg
2011.1.7  福知山線 道場~三田    Nikon D300  AF-S ED28~70mm F2.8D  ISO 200

2020年が始まって早1週間が経ちました。
今日は休みなので、初撮りへ・・と行きたいところでしたが、神戸は未明から暴風警報が出ており娘の学校も休校に。
現在は雨も止み陽が照りだしてはいますが、風がかなり強いので大人しく家でのんびりする事にします。

2011年の初撮りは、近場で撮った183系「北近畿」でした。
夕刻の15号狙いで通過15分くらい前にフラッと訪れましたが、誰もおらずのんびりと通過待ち。
前走りの207系でアングルを微調整してしばらくすると、夕陽を浴びて183系が軽やかにやって来ました。

つい数年前まで、このように自宅近くで思い立ったらフラッと訪れて撮るものがあったのですが・・。
今年も鉄道界で色々動きがあると思いますが、願わくば「撮りたい!」と思わせる列車が増えて欲しいものです。


鉄道コム

謹賀新年

20200101.jpg
2019.5.25   山陽本線 東姫路   Nikon D500  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR   ISO500 

新年明けましておめでとうございます。 

元日早々出勤だったため御挨拶が遅れましたが、本年も拙ブログを宜しくお願い申し上げます。

今回の写真は、陽の長い時期限定の夕陽に輝くPF牽引75レ狙いで向かった東姫路駅で捉えた223系です。
好天と休みが一致したこの日、日没間近の文句ない光線状態で撮れた前走りの223系!
これで75レも頂いたとほくそ笑んだのですが、わずか15分の間に太陽が雲の中に・・。
おまけに被られると言う悲惨な結果となりました。

今年こそは、この223系のように夕陽に輝く75レを撮りたいものですね。 


鉄道コム

新旧混在

20191228-1.jpg
2001.12.30  東海道本線 新大阪    Nikon F4s  AF ED80~200mm F2.8D  RVP(+1)

今月は師走の為のみならず、親戚に不幸があったりと公私とも忙しく、結局時間的・体力的に撮影に行く事が出来ませんでした。
そのため今年の撮り収めは、先月の阪急神戸線に入線した「雅洛」の撮影になりました。

今回は18年前の年末に撮ったキハ181系「はまかぜ」です。
年末の増便で、臨時「はまかぜ」と「かにカニはまかぜ」が運転されていたため、京都・後藤のキハ181系がフル稼働!
この日はお手軽に、後藤の国鉄色キハ181系狙いで新大阪駅端でスタンバイしていました。
「日本海」や「雷鳥」などひっきりなしに来る列車を撮影していると、やがて西日本色の京都車使用の臨時「はまかぜ」がやって来ました。
あまり西日本色のキハ181系は好みではありませんでしたが、一応ファインダーを覗くと、何やら違和感を感じます。

何と、ヘッドマークが旧式の文字マークでした。

過去にヘッドマークの盗難で急遽製作された簡素な文字マークが掲出されていた例はありますが、「はまかぜ」の字体からして、本物(?)の文字マークのようでした。
恐らく、増発でヘッドマークが足りなくなったため、古いマークを引っ張り出してきたと思われますが、新色と旧式の文字マークの組み合わせが面白く、貴重な記録となりました。


さて、年内の更新は今回が最後となります。
今年も自己満足全開の拙ブログにわざわざお越し頂いた方々には、本当に感謝の念しかございません。
来年も同じような写真が掲載される代わり映えのしないブログになるとは思いますが、お付き合い頂けたら幸いです。

では、皆様良いお年を!


鉄道コム

新疋田通過!

20191214.jpg
2011.12.14  北陸本線 新疋田    Nikon D300  AF-S 300mm F2.8DⅡ+TC14EⅡ  ISO200

さすがに師走に入ると、仕事も忙しくなります。
先週末からの連勤がようやく終わり、さすがに疲れが・・。
久し振りに撮影に行きたいのですが、天気もイマイチで家族も風邪気味なので、今日は家でのんびりしようと思います。

今回は、ちょうど8年前の今日訪れた新疋田で捉えた「日本海」です。
過去に掲載した写真の別カット(と言うか、連写した続き)で恐縮ですが、12月は他にネタがないのと個人的に気に入っている写真なので敢えて掲載させて頂きます。

この年は新疋田駅での「日本海」撮影に嵌っていましたが、このアングルは陽が高い時期にはちょうどヘッドマークに架線の影が掛かるため、陽が低い冬場に狙う事にして待つ事数ヶ月。
天気と休みが一致したこの日に、意気揚々と早朝から新疋田駅で待機します。
そして、定刻に最高の光線状態でやって来た「日本海」を無事に捉える事が出来ました。


鉄道コム