今日も神戸電鉄を・・

20180526.jpg
2018.5.26  神戸電鉄三田線 岡場~五社    Nikon D4s  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO200

今日も休みですが、午前中はDIYに勤しみ、これからも家庭運用が続きます・・。
しかし、昼前に少し時間が出来たので近所の線路際に出かけて来ました。

神鉄のHPを見ると、「神戸高速線50周年記念HM列車」がちょうど来ます。
曇天なのとHMを強調するために、空を出来るだけ入れない面打ちの構図で狙う事に。

対向列車でアングルを確認し微調整、するとすぐに岡場駅で交換してきたHM列車がやって来ました。


鉄道コム

スポンサーサイト

神戸電鉄ミュージアムトレインを撮る!

20180525.jpg
2018.5.25  神戸電鉄三田線 岡場~五社   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO100 

先日の神鉄メモリアルトレインの登場で久し振りに神戸電鉄を撮ってから、神鉄の運用を調べるようになりました。

今日は休みでしたが、例のメモリアルトレインは地元の三田線に来ないので家庭運用に勤しんでいました。
昼に何気に神鉄のHPを見ていると、夕方に6000系ミュージアムトレインが三田線に入るとの事。
ちょうど相方から買い物を頼まれたので、買い物帰りに撮る事にして家を出ました。

買い物が終わって向かったのは、先日メモリアルトレインを撮った自宅近くのポイントです。
現地に着くと、黄色いキレイな花が線路際にたくさん咲いていました。
出来るだけその花を取り入れるように、前回より広角気味にアングルを設定します。

そして待つこと10分程で、ミュージアムトレインがやって来ました。

考えてみると、神鉄の新鋭6000系を撮ったのは、デビュー直後に撮って以来10年ぶりです。
ついこの間のように思えますが、月日の経つのは早いものですね。


鉄道コム

神鉄メモリアルトレイン登場

20180519.jpg
2018.5.19  神戸電鉄三田線 岡場~五社   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO100 

今日は神戸電鉄のメモリアルトレインのデビューイベントが開催されました。
1950~60年代の塗装を復刻させた1150系が午前中に谷上駅で展示されたあと、昼から谷上~岡場で特別運行されるとの事。
午前中は娘の小学校の授業参観だったので谷上駅でのイベントは参加出来ませんが、すぐ地元を通る特別運行は何とか撮れそうです。

授業参観が終わって速攻で自宅に帰り、クルマで現地に向かいます。
わずか3分ほどで到着すると、既に先客の方が。
談笑しながら待つこと10分ほどで、まず岡場行きがやって来ました。
この時代の塗装は今まで文献やモノクロ写真でしか見たことがないので、実際どのような色なのか分からず興味津々。
やがてファインダーに現れた姿を見て、思いのほか明るい色やな~、と思いながらシャッターを切ります。

通過した後、今度は折り返し谷上行きでまた通過しますので、立ち位置を変更。
先行列車でアングルを調整して待つこと15分ほどで踏切が鳴り出しました。
そして、神鉄では珍しくヘッドライトを点灯したメモリアルトレインが、薄日が射すなか軽やかにファインダーの中を駆け抜けて行きました。

神鉄では今回の復刻塗装の他、7月にオレンジとグレーの復刻塗装が登場するとの事。
こちらの方は、学生時代に神鉄で通学していた頃の懐かしい塗装なので、今から登場を楽しみにしています。


鉄道コム


夕刻の「京都線の女王」

20180218.jpg
2010.2.21  阪急電鉄京都線 茨木市~南茨木   Nikon D300  AF-S ED80~200mm F2.8D  ISO280 

以前紹介した阪急京都線2300系ですが、その後に本線引退まで1週間となった6300系を狙いに、茨木市へと移動しました。

踏切脇で、同行の友人W氏と先客の方と談笑しながら、普段撮った事がない阪急や乗り入れている大阪市交堺筋線66系などを撮っていきます。
到着時には正面がちの光線でしたが、時間が経つにつれて側面にまわってきました。
光線状態が良くなるにつれて人出も増えてきます。
そして16時過ぎ、夕方の光線に照らされて「京都線の女王」がやって来ました。


鉄道コム

マルーンの疾風

20150225.jpg
  2010.2.21  阪急電鉄京都線 上牧~高槻市   Nikon D300  AF-S ED80~200mm F2.8D 

阪急電鉄の新性能車の先駆けである2000系列も、神戸・宝塚線からは既に引退しており、残る京都線の2300系もこの3月一杯で引退だそうです。
現在は惜別のヘッドマークを付けて最後の活躍をしていますが、今回はちょうど5年前、まだ現役バリバリの2300系を。

この日は、山陽新幹線岡山~相生の大津トンネルへ引退迫る500系「のぞみ」を撮りに行っていました。
現地で偶然、撮り鉄仲間のW氏とばったり出会い、彼は500系撮影後、これまた引退間近の阪急6300系を撮りに行くとの事。
私は普段JR以外はあまり撮りませんが、大学4年間を阪急神戸線・京都線で通学していた等、阪急電車には愛着があったこともあり、御一緒させてもらうことにしました。

この写真は、メインの6300系が来るまでに偶然撮っていた2300系です。
すでに方向幕の増設や標識灯移設などで、すっきりとした原型の姿ではありませんでした。
しかし、新鋭の9300系や7300系・5300系などの後輩にも負けずモーター音高らかに疾走する姿は、まさに「マルーンの疾風」でした。



鉄道コム
[ 2015/02/26 23:00 ] 私鉄 | TB(0) | CM(2)