梅雨の晴れ間の早朝に・・

20180614.jpg
2009.6.12  高崎線 本庄~岡部   Nikon F6  AF-S ED300mm F2.8DⅡ+TC14EⅡ  RVP100

梅雨だけあって鬱陶しい天気が続きますね。

今回は、以前掲載した「茶釜あけぼの」の40分前の写真です。
梅雨時の貴重な晴れ予報を信じて、遠路はるばる高崎線へ。
現地に着いて最初に撮ったのがこの「能登」でした。

日の出直後の朝陽を浴びてやって来たボンネット。
ファインダー越しに見るその姿に感動を覚えながら、シャッターを切りました。

願わくば、もう一度この時の感動を味わいたいものです。


鉄道コム
スポンサーサイト

「まほろば」来たる

20180501.jpg
2010.5.1  関西本線 三郷~河内堅上   Nikon D300  AF-S ED300mm F2.8DⅡ+TC20E  ISO200

GW前半が終了しました。連日仕事でしたが今日は休みです。
天気も良く、運用通りなら72レに原色PFの2068号機が入るので撮りに行こうかと考えていましたが、運休・・。
おとなしく家でのんびりしています。

以前紹介した臨時特急「まほろば」を、8年前の今日も撮っていました。
朝の下り「まほろば」を梅田貨物駅付近で撮って、返しを狙うべく関西線へ移動し河内堅上付近でロケハンします。
そして見つけた山間のカーブする鉄橋を、換算900mmで抜いてみたところトンネルバック正面狙いでいい感じ。
次々来る103系や201系、221系を撮っていると、あっという間に時間が過ぎていきます。

そして、381系「まほろば」は、夕陽をいっぱい浴びてトンネルを飛び出して来ました。


鉄道コム

夕刻の下滝ストレートにて

20180306-1.jpg
2013.3.6  福知山線 下滝~谷川   Nikon D300  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200 

最後の国鉄特急色の豊田の189系がとうとう引退だとか・・。
距離的にも時間的にも撮りに行く事は出来ませんが、最後までトラブル無く走りきって欲しいですね。

ちょうど5年前、引退まで数日に迫った福知山の183系を狙いに、朝から丹波路へ向かっていました。
市島・黒井・谷川と南下しながら撮っていきましたが、平日にも関わらずどこも大盛況!
そして最後に向かったのは下滝のストレートでした。
夕方の15号がばっちり順光で撮れますが、意外とキャパが狭いので早めに現地に到着してセッティングします。
のんびり待つこと数時間、通過時刻になり踏切が鳴り出したのでファインダーを覗いて臨戦態勢に。
やがてジョイント音が聞こえ、夕陽を浴びた貫通型の183系がファインダーに飛び込んで来ました。


鉄道コム

奇跡の日差し

20180213.jpg
2002.2.9  東海道本線 岸辺   Nikon F4s AF ED80~200mm F2.8D  RVP(+1)

しばらく続いた体調不良もようやく治まり、そろそろ鉄道の撮影に行きたいところですが・・。

かつてJR西の冬の風物詩であった「シュプール号」ですが、この頃は既に減少傾向でした。
この485系「シュプール妙高・志賀」の大阪方は貫通型の200番台。
ところが、この顔を日中に関西で撮ろうとすると、この日1日のみ設定された回送を狙うしかありませんでした。
そこで岸辺駅にて狙う事にしましたが、現地に着くとドン曇・・。
今にも雪が降りそうな冬の厚い雲が一面に広がり、そこに集まった一同は意気消沈しながらも通過を待ちます。
ところが、いよいよ列車がやって来てファインダーに捕らえた瞬間、雲の隙間から陽が射しました!
あわてて露出を変更して再びファインダーを覗くと、すでに列車はシャッターポイント寸前。
夢中でシャッターを切り、すぐ横を列車が駆け抜けていくと再び陽が陰りました。

「間に合ったのか?」と少々不安になりながら帰路に着きましたが、後日現像があがったポジを恐る恐る確認すると・・。
側面は陰っていますが、奇跡的に正面に陽が当たった200番台が、良いタイミングで写っていました。


鉄道コム

薄日を浴びて

20171212.jpg
2017.12.12  福知山線 道場~三田    Nikon D500  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR(×1.3クロップ)  ISO200

いよいよ師走に入りました。
公私とも忙しくなり、撮影はおろかPCを開く事さえなかなか出来ません・・・。
しかし今日は休み。
天気も良く午後から少し時間が出来たので、ストレス解消のため近場で少し撮影してきました。

狙いは夕方の「こうのとり15号」、381系時代にはよく撮影しましたが289系になってからはご無沙汰でした。
夕陽を浴びる姿を撮りたかったのですが、現地に着くと太陽は雲の中に・・。
それでも、通過時には雲が薄くなり、なんとか薄日を浴びる「こうのとり15号」を撮る事が出来ました。


鉄道コム