さよなら「すみっコ号」

20210324.jpg
2021.3.24  阪急電鉄神戸本線 王子公園    Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO100

昨年9月から阪急電鉄とのコラボが始まった「すみっコぐらし」。
以前も申しましたが、娘が「すみっコぐらし」が大好きなので、自分も影響を受けて興味を持ち始めました。
アニメやキャラクターなど、この手のラッピング車両にはあまり興味が無かったのですが、「すみっコ」に間しては別。
コラボグッズもいくつか購入し、「すみっコぐらし号」もよく撮影しました。

半年にわたって楽しませてくれましたが、いよいよ今月一杯でコラボも終了。
支線系統など、まだ撮れていないヘッドマークもありますが、まだ撮影出来ていない撮りたいアングルも。
それは、ラッピング車両を真横から流し撮りすることでした。
今日は休みで午後から時間が貰えたので、そのアングルで狙うべく出撃しました。

今日の神戸線「すみっコ号」は普通運用。
かねてからこのために考えていた場所には、通過30分ほど前に到着しました。
しかし、肝心な車体側面に陽が当たっていません・・。
そう言えば、この場所での撮影を考えていたのは冬場。
よく考えるともう春分を過ぎたので、日が回りすぎていた訳です。

さて、どうするか・・。
考えた結果、流し撮りは諦めて完全順光になる王子公園駅で撮る事にします。
急いでクルマに乗り込み、10分ほどで阪急六甲駅に到着。
駅前の駐車場にクルマを入れて、急いで駅へ。
狙いの「すみっコ号」の1本前の普通に何とか間に合いました。

王子公園駅に到着し急いで現場に向かうと、先客がお二人居られたので挨拶してご一緒させて頂きます。
そして10分もしないうちに、通過時刻に。
少し薄雲がかかりましたが、おそらく最後となる「すみっコ号」の撮影を無事に完了する事が出来ました。

この後、三宮で折り返してきた「すみっコ号」に乗り、一駅だけのお別れ乗車を。
阪急六甲で降りて、走り去る「すみっコ号」を万感の思いをこめて見送りました。


鉄道コム

スポンサーサイト



今日の御影S字

20210210-1.jpg

20210210-4.jpg

20210210-3.jpg
【3枚とも】2021.2.10  阪急電鉄神戸本線 御影~岡本    Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200

今日は休みで朝から予報通りの快晴!
午前中だけですが、撮影に行って来ました。
年が明けてから阪急しか撮っていないのでJRを撮りたかったのですが、今日は特に目ぼしいものがありません。
それならと、例の如く有馬道踏切へと向かう事にしました。

到着するとすぐに踏切が鳴り出しやって来たのは、「すみっコ」1016Fでした。
しかし、構図を吟味する事も出来ず咄嗟にカメラを構えたので、見事に面に影が・・。
まあ、何回かここで撮れてるし・・、と気を取り直すことにします。

今日の目的は8002Fですが、運用も何も調べていないので、今日は走っているのかさえ分かりません。
次々とやって来る電車を撮っていきますが、今日は1000系ばかりやって来ます。
それでも1時間ほどすると、後から8002Fが特急でやって来ました!
これでテンションが上がり、あとは被られないように祈るのみ・・、と思っていたら、今度は後からピカピカの7000系が。
その編成・7027Fを調べてみると、今日がリニューアル後初運用との事!
折り返しの8002Fを撮ったら撤収しようと思いましたが、折角なので7027Fの折り返しも撮る事にします。

それから待つ事40分ほど、折り返して来た8002Fの特急を被られずに無事に撮影することが出来て大満足。
そして、しばらくしてやって来る7027Fに備えてアングルを微調整し、さらに待つ事10数分。
ピカピカの7027Fも無事に捉える事が出来ました。

7027Fの次の普通で朝失敗した「すみっコ」1016Fが再びやって来ますので、これをラストにすることにしました。
1000系は前パンではないので、アングルを再び調整し、もう少し望遠にして狙うことに。
やがて踏切が鳴り出して、ファインダーを覗きスタンバイ。
ゆっくりと「すみっコ」号がカーブの向こうからやって来ました。


鉄道コム






阪急電鉄撮影三昧③

20210209.jpg
2021.2.5  阪急電鉄神戸本線 王子公園    Nikon D500  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO250

2/5撮影分の最終回です。

銭屋踏切を後にして、川西能勢口駅から梅田行き急行に乗車します。
十三駅で下車して構内で昼食を食べて、神戸線普通三宮行きに乗車し、再び神崎川駅へ降り立ちました。
今度は下りホーム端から上り電車を撮っていきます。
ここは、日中の普通がほぼ被られるので特急メインで狙う事に。
約1時間ほどの滞在でしたが、特急運用の「すみっコ」1016Fも撮る事が出来ました。

そして、本日最後の撮影地・王子公園駅へと向かいます。
15時前に現地に到着、約15分後に早速8002Fがやって来ましたが、側面にはまだ陽が当たっていません。
約1時間半後に再びやって来るので、その時の光線状態に期待します。

30分ほどするとだんだん側面にも陽が当たりだしてきて、その頃にやって来た「すみっコ」1016Fを本日3度目の「捕獲」。
そして、ここに来てから2時間ほど経つと、夕方の光線が強くなると共に影が線路に迫ってきました。
8002Fがやって来る5分前の特急で最終チェックすると、何とか間に合いそう。
しかし、その5分でどんどん影が伸びて来ました。

やきもきしながら待っていると、下り電車到着の放送が流れると共に、奥に見える踏切が鳴り出しました。
ファインダーを覗いてスタンバイ、
奥の方は既に影に沈んでいます。
やがて、その影の中から8002Fが現れて、夕陽を浴びながらゆっくりこちらに向かって来ました。

モニターに映し出された8002Fの出来に満足していると、次の特急がもうやって来ました。
撮影してみると、先ほどから約5分しか経っていないのにもう車体に影が大きくかかっています。
なので、本日の撮影はこれで終了する事に。
先ほど撮った8002Fが三宮で折り返して来たので、それに乗って王子公園駅を後にしました。


鉄道コム

阪急電鉄撮影三昧②

20210208.jpg
2021.2.5  阪急電鉄宝塚本線 雲雀丘花屋敷~川西能勢口    Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO100

前回の続きです。

神崎川駅で撮影後、宝塚線を撮ることにしました。
実は、宝塚線の電車を沿線で撮影するのは始めて。
宝塚線の撮影地もあまり知らないので、とりあえず午前中の光線状態が良いという有名撮影地・銭屋踏切へ向かうことにします。

川西能勢口駅で降りて歩く事10分ほどで現地に到着。
早速撮影を開始しますが、なかなか手強い・・。
と言うのも、架線柱や影の処理が難しいうえ、特に前パン車は少し気を抜くと上下が切れてしまいます。
右往左往、試行錯誤しながらアングルを模索していき何とか決定。
三脚は立てられないので、撮影時はアングルの保持に集中することにします。

ここには1時間半ほど滞在しましたが、宝塚線の「すみっコ」号1003Fやオールマルーンの5100F、6000系トップナンバー6000Fなどが撮れました。
なかでも、一番撮りたかった宝塚線のClassic8000仕様・8004Fを撮れたのが大収穫!
宝塚線初撮影でしたが、それなりに満足して現地を後にしました。


鉄道コム

阪急電鉄撮影三昧①

20210205.jpg
2021.2.5  阪急電鉄神戸本線 神崎川   Nikon D500  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO100

昨日は休みで、以前から一日中撮影に行く事にしていました。
しかし、週間予報の段階では曇りベースの予報で、前日になって「晴れのち曇り」に。
まあ、午前中だけでも晴れてくれるのならば、と迷わず出撃することにしました。
今年はまだJRを撮影していなかったので、当初は奈良線103系でも撮ろうと思っていましたが、調べると今日はあまり美味しくない運用・・。
貨物なども調べましたがあまりパッとしなかったので、今回も阪急を撮る事にしました。

阪急宝塚駅付近の駐車場にクルマを入れ、7時過ぎの今津線に乗車して神崎川駅に向かいます。
雲ひとつ無い快晴にテンションが上がりながら30分ほどで神崎川駅に到着。
先客の方が居られたので挨拶して、後から望遠で抜かせてもらう事にしました。

平日早朝の神戸線は多様な種別の電車が引っ切り無しにやって来ます。
特に運用を調べていなかったので、Classic仕様の8002Fや「すみっコ」1016Fが来ることを期待しながら、来る電車を片っ端から撮っていきました。

そんななかやって来たのが、2編成しかない8200系。
個人的に好きな車両なのに、平日早朝しか撮れないのでなかなかちゃんと撮る機会がありませんでしたが、今回最高の条件で撮る事が出来ました。

この後も狙いの「すみっコ」号もやって来て、無事に撮影。
2時間ほど滞在してそろそろ側面に陽が当たらなくなってきだした頃に、ようやく8002Fが普通運用でやって来ました。
しかし薄雲がかかったので気が抜けたのか、少しアングルがずれてしまい撃沈・・。
これを潮時として次の撮影地に向かうべく、次に来た梅田行き普通電車に乗り込みました。


鉄道コム