3発機初撮影!

20171031.jpg
2017.10.31  関西国際空港    Nikon D500  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR (×1.3クロップ)  ISO100

今日は休みで家庭運用もなく、しかも一日快晴予報だったので撮影に出かけて来ました。

本当は鉄道を撮りたかったのですが目ぼしいものが無く、それならばと思いつきで関空で飛行機を撮る事にしました。
まず神戸空港までクルマで行き、ベイシャトルで関空へ。
関空展望ホールに着いたのは10時過ぎでした。

今日の運用はR/W06。A滑走路で離陸なのでここからは離陸する姿が近くで撮れるのですが、もろに逆光です・・。
それでも初めて撮るエアラインもあり、次々と離陸していく飛行機を結構楽しんで撮っていました。

ところが、遥かかなたのA滑走路の端で、アシアナのA330が停まったまま動かなくなりました。
10分、20分と経ち、誘導路には離陸待ちの飛行機が次々並んで渋滞に。
どうやら、アシアナ機にオイル漏れのトラブルがあり、A滑走路が閉鎖になったようです。
しばらくすると、離陸機がB滑走路に移動し始めました。
B滑走路なら少々遠いですが、今の時間は順光になります。
そこで、展望ホールのB滑走路側へ移動して撮影を再開しました。

結構気温が高かった為この時期にしては快晴の割りに若干モヤっていましたが、初めて撮るフィンエアーやエールフランス機などを順光で嬉々として撮っていました。
すると、UPSのMD-11Fがタキシングしているのに気付きました!

実は私はまだ3発機を撮った事がありませんでした。
幼い頃、JALのDC-10に乗ったことがあり、子供心に垂直尾翼にエンジンが貫通している3発機の姿をカッコよく思っていました。
私が飛行機を撮り始めた頃には、既にDC-10やトライスター、MD-10やMD-11の3発旅客機は退役していて撮る事が叶わず・・。
それだけに、貨物機とはいえ希少な3発機を順光で撮れるチャンス!気合が入ります。
ところが、思ったよりエアボーンが早く、あっという間に上昇して小さくなってしまいました・・。

プレビューを見て落胆しましたが、気を取り直して撮影を再開しようと再びカメラを滑走路に向けます。
すると、またUPSのMD-11Fが!
今度は結構エアボーンを引っ張ってくれたので、いい位置で撮る事が出来ました。
その後、アシアナ機はトーイングカーに牽引されて、駐機場へ移動。
滑走路点検の後、A滑走路の運用が再開されました。

写真としては色々突っ込みどころがあり、100パーセント満足いくような出来ではありませんが、いつかは撮りたいと思っていた3発機、満足感に浸りながら夕方まで撮影を続けました。


鉄道コム

スポンサーサイト
[ 2017/11/01 00:36 ] 飛行機 | TB(0) | CM(4)

A380初撮影!

20170817.jpg
2017.8.17  関西国際空港    Nikon D4s  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO200

盆期間中はずっと仕事でしたが、ようやく今日から3日間休みです。
初日の今日は、家族運用の予定がなかったので撮影に行く事にしましたが、鉄道のネタが無かったので飛行機を撮る事にしました。

午前中は近所の公園で娘と虫捕りをして遊び、昼食を食べて正午前に自宅を出発しました。
目指すは関空。撮影目的で訪れるのは初めてです。
まず神戸空港へ向かいそこにクルマを置いて、ベイシャトルで関空へ向かいます。
なぜならベイシャトル利用なら駐車場は無料。往復割引もあるので、自宅から関空へ鉄道やクルマで行くよりもリーズナブルな為です。

高速船に揺られる事30分、13時過ぎに関空へ到着。シャトルバスを乗り継いで展望ホールへ向かいました。
展望ホールに上ると、雑誌やネットで見た光景が目の前に広がり、密かに感動しました(笑)
ここで、無線機のアンテナを持ってくるのを忘れた事が判明・・。
交信を聞く事も楽しみにしていたのでがっかりしましたが、気を取り直して撮影を開始。
初めて撮るエアライン、初めて撮る機種は新鮮で、夢中でシャッターを切りまくります。

1時間くらい撮影してふと気付きましたが、こちら側のA滑走路は離陸ばかりで着陸が全くありません。
有名な、関空連絡橋をバックに着陸機を撮るアングルを楽しみにしていたのですが、着陸機は遠方かつ逆光のB滑走路ばかり。
結局関空に滞在した13:00~18:30までの間にA滑走路に着陸した機体はわずか3機でした。
以前聞いたところによると、B滑走路はターミナルまで遠いので使用頻度が低いとのことでしたが最近は違うのでしょうか?

そして陽が傾いてきた18時前、いよいよ待ちに待ったタイ航空のA380が離陸します。
2時間ほど前、指をくわえて見ているしかなかったB滑走路に降りて来たA380。
展望ホールに居た多くの人たちの注目を浴び、その巨体を見せ付けるかのようにゆっくり誘導路を進んで来ます。
そして、滑走路に向けて少し向きを変え夕陽に機体が輝いた瞬間、シャッターを押しました。

今回の関空での初撮影、楽しみにしていたA滑走路への着陸シーンが殆ど撮れなかったなど残念な事もありました。
しかしA380をはじめ、貨物機ばかりでしたがチャイナエア・カーゴルクス・キャセイパシフィックのB747、個人的に好きなUPSやFedEx、エアインディアやユナイテッドのB787が撮れて大収穫でした。
そして、また再訪しようと心に誓って帰路に就きました。


鉄道コム

[ 2017/08/17 23:17 ] 飛行機 | TB(0) | CM(2)

今年の初撮りは飛行機です

20170213.jpg
2017.2.12   大阪国際空港 千里川土手   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200 

今年も始まって早1ヶ月半、ようやく初撮りが出来ました。

毎年この時期恒例の大阪オートメッセを見に、早朝からインテックス大阪へ向かいました。
開場から15時ごろまで滞在し、色々なクルマを見学・撮影して十分堪能。
そして帰路につきましたが、動きモノが撮りたい・・、という欲求が。
天気も良かったので、千里川へ寄り道して帰ることにしました。

現地に着くと風もあり寒かったですが、日曜日ともあって多くの人達が。
陽が落ちるまでの1時間ほどの滞在でしたが、B737「フラワージェット」を初撮影することが出来て、満足いく成果を残せました。

厳密に言うと初撮影はクルマでしたが、幸先の良いスタートが切れたと思います。
さて、鉄道の初撮影はいつになることやら・・。


鉄道コム

にほんブログ村
[ 2017/02/13 15:56 ] 飛行機 | TB(0) | CM(2)

モヒカン飛来

20161026.jpg
2013.10.26  大阪国際空港 千里川土手   Nikon D300 AF-S ED300mm F2.8DⅡ   ISO200

今回は久々のヒコーキです。

2009年から約5年間、旧全日空塗装(通称「モヒカン」塗装)に塗られたB767が1機就航していました。
この塗装の誕生40周年を記念して復刻されましたが、全日空はB767導入を期に今のトリトンカラーに変更されたので、B767がモヒカン塗装になったことはありません。
まあ、鉄道で言えば、数年前にあった185系湘南色やあまぎ色みたいなものでしょうか。

このB767(JA602A)をよく撮りに行きましたが、千里川で撮れたのはこの一枚のみ。
この日は昼過ぎから夜まで千里川で撮影していましたが、到着時の天気は曇り空。
しかし、モヒカンジェットが視界に入ってきたと同時に、雲の切れ目から陽が射してきました。

このJA602A、その後現行のトリトンカラーに戻された後、最近エア・ドゥに移籍し、「ベア・ドゥ」塗装となって再び特別塗装を纏って活躍しています。
伊丹にはエア・ドゥは就航していないのでなかなか撮る機会がありませんが、再び特別塗装になった雄姿をぜひ撮りたいものです。


鉄道コム

にほんブログ村
[ 2016/10/26 09:22 ] 飛行機 | TB(0) | CM(4)

滑走路へ!

20160816.jpg
2016.8.16   大阪国際空港 千里川土手   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO1600 

昨日は久し振りに大学時代の友人達が集まるので、朝から堺市まで行って来ました。
一日中、気の置けない仲間たちと楽しく過ごし、日ごろのストレスも発散!
その帰路、伊丹空港の横を通るのでちょっと寄り道して帰る事にしました。

20時ごろ、最近千里川土手近所に出来たタイムズの駐車場へクルマを入れて、千里川土手へ。
夜にも関わらず見学者も多く、次々に飛行機が着陸していきます。
撮影にチャレンジしましたが、機体は暗いうえ強烈な着陸灯の光で何がなんやら・・(笑)
そこで滑走路に目を向けると、誘導路を滑走路に向けて次々飛行機が移動していきますのでこちらを狙う事に。

湿気があり、もやっている宝塚の夜景をバックに離陸していく先行機。

その後を追い、ゆっくりと誘導路をやってきたのは、スタアラ塗装のB777でした。


鉄道コム

にほんブログ村
[ 2016/08/16 14:23 ] 飛行機 | TB(0) | CM(4)