ギリギリ晴れた「サロンカーおわら」

20170903.jpg
  2017.9.3  東海道本線 新大阪~大阪   Nikon D4s AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200 

今日は、大阪でニコンのファンミーティングが開催されました。
ニコン使いとしてはぜひ足を運ばなければ! と、ずっと楽しみにしていましたので、朝一から向かう事に。
その前に、昨日金沢へ向かった「サロンカーおわら」が今日の早朝に大阪へ帰ってくるので、行きがけの駄賃に毎度おなじみの上淀へ寄り道することにします。

AM5:30頃に現地に到着しましたが、すでに多くの方がスタンバイしていました。
幸い、ここでのいつもの定位置は空いていたので迷わずそこにセッティングします。
天気は晴れているものの雲も多く、時折陽が陰ります。
やきもきしながら待つことしばし、定時より少し遅れて橋の向こうからヘッドライトが。
空を見ると今にも雲がかかりそう・・。
「早く、早く!」と祈るような気持ちでファインダーを覗きこみます。
そして、何とか晴れている状態で列車は目の前を通過!
間に合った・・、とホッとしていたらフッと陽が陰りました。

危ないところでしたが、何とか晴れてくれたので気分良く撤収。
意気揚々と次の目的地、堂島リバーフォーラムホールに向かいました。


鉄道コム
スポンサーサイト

下関トワイライトの肖像

20170826.jpg
  2011.8.28   山陽本線 塩屋~須磨   Nikon F6  AF-S ED300mm f2.8DⅡ+TC14EⅡ RVP100

8月も終盤になりましたが、今月は鉄道の撮影に行けていません。
今日は休みですが、今から家族運用です。娘の夏休みの思いで作りも楽ではありません(笑)

今回はネタがないので以前掲載した写真の別アングルを。

夏の終わりに運転された下関トワイライト。
最高の条件で撮れたPFの「肖像」です。
今となっては、この場所で朝陽を浴びる客レを撮る事は出来ませんが、ぜひサプライズがあることを期待したいですね。


鉄道コム

峠を下る!

20170816.jpg
  1995.8.17   信越本線 軽井沢~横川   Canon AE-1P  TAMRON SP70~210mm F3.5  RVP(+1)

お盆も終わり、夏も終盤に入って来ました。もっとも、暑さはまったく変わりませんが・・。

今回は20年以上前になりますが、廃止目前の碓氷峠にて撮影した写真です。
少し撮鉄から離れていた大学生~社会人初期の頃ですが、夏休みだけは主に関東方面に青春18きっぷ片手に遠征していました。
このときは、この前年の夏に初めて訪れた「横軽」に魅了されての再度の訪問です。

社会人になったばかりなので、少し奮発して「出雲2号」のシングルDXに京都から乗車して早朝の東京へ到着。
上野駅でしばらく撮影して横川へ向かいました。
丸山変電所跡で、ブロワー音高らかに峠を上り下りするEF63を撮影します。
なかでも、長編成の特急電車を従えてゆっくり峠を下ってくるEF63は一層格好よく見え、夢中でシャッターを切りました。


鉄道コム

須磨を行く原色PF

20170708.jpg
2000.7.6  山陽本線 塩屋~須磨  Canon EOS-3  EF300mm F4L IS USM  RDPⅡ

梅雨だけに鬱陶しい天気が続き、九州では豪雨被害も出ていますが、はやく梅雨明けして欲しいものです。

17年前、梅雨の晴れ間に須磨で撮った原色PFの1050号機。
スノープロウ付きのPFは関西ではあまり見慣れないので新鮮でした。
調べてみると、この1050号機は更新されて現在は2050号機として活躍しているとの事。
梅雨が明けて四国運用に入ったら、久し振りに撮ってみたいですね。


鉄道コム
[ 2017/07/08 11:05 ] 電気機関車 | TB(0) | CM(2)

初夏の伊奈川にて

20170702.jpg
  2004.7.9  中央本線 大桑~須原   Nikon F100  AF ED300mm f2.8S(New)  RVP100

今日は梅雨晴れの良い天気です。
撮影に行きたいところですが、今日は相方も参加するフルートの演奏会があり、朝から送迎やら娘の面倒見やらでバタバタして、撮影どころではありません(笑)

以前も何回か紹介しましたが、かつてEF64を狙いに中央西線へよく出向いていました。
この日は5883レに原色の27号機が入るとのことで伊奈川へ出撃、未明に到着しました。
定番の横位置のアングルは少々飽きたので、縦位置で撮ることに。
しかし、このアングルは両数が多ければ後が切れてしまいます。
今は初夏で、両数が減っているはず。現に1週間前に訪れた時はこのアングルでぎりぎり収まっていました。
今日も同じ両数で来る保証はありませんが、そうであることを願ってセッティングし、通過を待ちます。

そして、定時。

予定通り27号機がファインダーに飛び込んで来て鉄橋を渡り始めます。
祈るような気持ちでファインダーを凝視。
27号機が鉄橋を渡り切りシャッターポイントに近づきますが、後はまだ続いています。
「ダメか!」
そう思った瞬間、最後尾が見えました!
そして、シャッターポイントに27号機が入った瞬間、夢中でシャッターを切りました。


鉄道コム
[ 2017/07/02 11:36 ] 電気機関車 | TB(0) | CM(2)