秋晴れの「サロンカー紀南」

20181013.jpg
2018.10.13  紀勢本線 紀三井寺~黒江    Nikon D4s  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO200

昨日、仕事が終わったあと職場の飲み会に参加しました。
久し振りに思いっきり飲めると楽しみにしていましたが、送迎でクルマを出すことになりアルコールはおあずけ・・。
せめてもと、ノンアルコールビールを頼んだところ、置いていないとの事・・。
仕方ないのでウーロン茶飲みながら、食べまくりました(笑)

飲み会がお開きになり、同僚を家まで送って日が替わった頃ようやく帰路につきますが、なにか物足りません。
ふと空を見ると、満天の星空!
そういえば、今日は紀勢線でサロンカーなにわが走るという事を思い出しました。
昼から家庭運用があり、週間予報では天気が悪かったのですっかり忘れていたのです。
スマホで天気予報を見ると、和歌山の天気予報は晴れのち曇り。始発の和歌山駅付近で撮るなら、家庭運用にも間に合いそうです。
ここは、飲み会の鬱憤を晴らすべく出撃すべき!と天の声が(笑)
幸い、機材はクルマに積んだままです。

自宅を華麗にスルーし、2時間ほどで紀三井寺付近に到着しました。
暗闇のなかざっとロケハンしましたが、付近には置きゲバが一つ置いてあるだけで、無事に良さそうな場所をキープすることが出来ました。
そして、一旦その場を離れて、クルマの中で仮眠します。

夜が明け始めて明るくなった頃に、再び現地入りしてセッティング開始。
そうこうしているうちに、続々と同業の方々が集まり出して来ました。
時折薄雲がかかり少し暗くなるものの、概ね良い天気が続きます。
少ない本数の列車でアングルの微調整を繰り返しますが、通過直前の「くろしお」撮影で切り位置に架線柱の影が移動してきた事が判明・・。
慌てて若干アングルを変更しました。

そして、踏切が鳴り出しスタンバイ。
陽炎に揺らめきながら、ファインダーの奥からデデゴが登場しました。

直前のアングル変更で少し構図に不満が残るものの、無事に秋晴れの中「サロンカー紀南」を撮る事が出来て一安心。
直後に来る289系「くろしお5号」を締めにして、家路へと急ぎました。


鉄道コム
スポンサーサイト

山陰迂回貨物を撮りに・・

20181008-1.jpg
2018.10.8  山陰本線 三保三隅~折居   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO100 

再び運行される事になった山陰迂回貨物ですが、本日撮りに行く事が出来ました。

昨夜9時半頃に自宅を出発し、ほぼノンストップで高速を西進して三保三隅に着いたのが今日の午前1時半ごろでした。
道の駅の駐車場に何とか止める事が出来、場所もそれなりに満足できる位置が取れて一安心し、クルマのなかで仮眠します。
空は満天の星空で、陽が昇ったら水平線付近以外に雲は無し!
天気予報は「晴れ」で降水確率は0%、勝利を確信しました。

が・・。

通過まで1時間を切った頃からドン曇りになり、小雨も降りだす始末・・。
雲はどんどん動いていてバックの空は青空になってきたものの、太陽付近まで雲が抜けきれず、9080レは撃沈しました・・。

広角レンズで海と空を大きく入れたサブ機の写真はボツに。
唯一救いなのは、長いホイッスルを鳴らしてゆっくりとやって来たデデゴの雄姿を、ビデオに収めることが出来たことでした。

意気消沈しながらも、気を取り直して9081レの撮影に向かいます。
しかし、やはりというか五十猛や田儀などの海バックはすでに激パ状態・・。
三保三隅の撃沈によるテンション降下と、久し振りの深夜の長距離移動での疲労困憊で、激パの中に入っていく気も起きません。
結局、バックが雑多ながらも、ほんの少し海が入る田儀のトンネルを抜けたところで無難に編成写真を撮って撤収しました。

20181008-2.jpg
2018.10.8  山陰本線 田儀~波根   Nikon D4s  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO400 

期待した結果には程遠いですが、山陰で奮闘するデデゴを撮影出来たことは、ホントに良かったと思います。
そして、一日も早く山陽本線が復旧して、迂回貨物の任が解かれることを願っています。


鉄道コム

青赤重連が行く!

20180923.jpg
2006.9.24  紀勢本線 紀勢本線 新鹿~波田須   Nikon D200 AF ED80~200mm F2.8D  ISO100

山陰本線迂回貨物の運行もあと1週間になりました。
御多分に漏れず、私も今月初旬に参戦するはずでしたが、準備万端整えた出発直前に大幅遅延が判明・・。
泣く泣く諦めた経緯があります。
そこで来月初旬にリベンジするはずでしたが、予定より早く今月30日から山陽本線が復旧するとの事で、山陰の美しい風景を行くデデゴの撮影は結局夢となりました。
しかし、復旧が早まった事は関係者の方々の努力の結果ですので、ここは素直に喜びたいと思います。

そういうわけで、今回はデデゴ貨物繋がりという事で、かつての紀勢貨物の写真です。

この頃はよく紀勢貨物の撮影に出掛けていましたが、青色更新機はこの時が初めての撮影でした。
大内山のカーブで一発目を撮影後、ここ新鹿のトンネル入口で二発目を狙うべく待機します。
秋の気持ちいい陽気のなかのんびり待っていると、やがてバックの高架橋を列車が走って来ました。
カメラを覗いてスタンバイ開始。
数分も待たずに、紫煙をあげて青赤コンビのデデゴ重連がゆっくりカーブを登って来ました。

余談ですが、この記事を書くために過去の記録を調べたところ、前日に新疋田付近で一日撮影していました。
夜に帰宅してしばし休憩、夜中に再度この紀勢貨物撮影に出発していましたが、今では体力的に無理です(笑)


鉄道コム

ラストスパート

20180911-1.jpg
2008.9.9  千歳線 島松~北広島   Nikon F6  AF-S ED300mm F2.8DⅡ  RVP100

暑さも落ち着いて、朝晩は涼しくなってきました。
しかし、ここの所天気が悪く、すっきり晴れませんね・・。

今回は、終着の札幌駅へラストスパートをかける「はまなす」です。
当時、毎年恒例だった職場の旅行で北海道へ行きましたが、この年は天気に恵まれました。
滞在最終日の早朝に札幌のホテルをチェックアウトし、レンタカーで島松のポイントへ向かいます。
現地に到着すると、まだ陽が昇っていませんが既に4~5人の方が先着されていました。
挨拶して空いてる場所に入らせてもらい、セッティングを開始します。
前走りの貨物でアングルの調整を繰り返しますが、左下の勾配票をどうしてもかわせません。
既に周りの方たちはセッティングを完了されているのでポジションの変更も出来ず・・。
仕方なく、出来るだけ勾配票が目立たないようにアングルを決めます。

悪戦苦闘しているうちに朝陽が射し出し、辺りを黄金色に染めてきました。
そして待つことしばし、「はまなす」がラストスパートをかけて勾配を下って来ました。


鉄道コム

サロンカー大社

20180827.jpg
2018.8.27  山陽本線 塩屋~須磨    Nikon D4s  AF-S 200~500mm F5.6E ED VR  ISO3200

25日に、大阪~出雲市間で運転された「サロンカー大社」が、今朝戻ってくるので撮影に向かいました。

毎度おなじみスマシオで撮る事にして、昨夜23時ごろに現地に着きましたが、誰も居ません。
場所を確保してクルマのなかで仮眠。3時ごろに再び現地に戻ります。
やがて、ぽつぽつと同業の方が集まって来ましたが、HM無しのためか思ったほど人出がありません。
だんだん夜が明けてきますが、今日の神戸市の日の出時刻とスマシオの通過時刻がほぼ一緒なので、陽が当たる事は望めません。
前走りの列車も無いので、以前ここで撮影した写真を参考にアングルを決定。
そして、定刻に「サロンカー大社」がやって来ました。

HM無し・2両減車の5両編成・ハイビーム・高感度撮影と、決して満足いくような撮影ではありませんでしたが、先行き不透明の客車列車。
撮れる時に撮っておくのが大切と思い、現地を後にしました。


鉄道コム