快走!103系8連

20210509.jpg
2010.5.9  関西本線 郡山~大和小泉   Nikon D300  AF-S ED80~200mm F2.8D  ISO280 

今から11年前のこの時期、新大阪~奈良間に381系臨時特急「まほろば」が運転されていました。
以前紹介しましたが、今回はまほろばではなく、「ついで」に撮った103系です。

この日は、夙川カーブでPF牽引72レから撮影開始。
その後、梅田貨物駅付近で奈良行き「まほろば」を撮って、折り返しを狙うべく関西本線へ向かいました。
大和小泉のポイントは初訪問なので少々迷いましたが、無事に到着。
ここで「まほろば」までにやって来るのは、201系や221系、そして103系です。

その103系と201系(そして一部の221系)には、当時物議を醸した「せんとくん」が描かれた、奈良デスティネーションキャンペーンのHMが掲出されていました。
正直、あまり好みではないデザインだったのですが、付いている物は仕方ありません。
あまり撮った事が無かったウグイス色の103系と201系をこの機会にどんどん撮っていきます。

そしてここに到着してから約4時間後、[まほろば」がやって来て撮影終了。
撤収しようとすると、隣で撮っていた方から30分後に103系8連の快速が来る事を教えて頂き、延長戦に突入することにします。

そして、30分後。
薄雲がかかった淡い夕陽に照らされて、HM無し8連の103系がやって来ました。

実はこの日の「まほろば」は快晴で撮れたものの、先頭車両側面に架線柱の影をかけてしまい、イマイチな結果に。
しかし、103系は薄雲がかかったおかげで影が目立たず結果オーライでした。

因みに以前紹介した「まほろば」は、後日リベンジで再訪した時の写真です。
この時も103系8連を撮るつもりでしたが、まほろば通過後に急速に曇ってきたので撮影を諦めて撤収しました。
そのため、ウグイス色103系8連はこれが唯一の記録となり、貴重な1枚になりました。


鉄道コム
スポンサーサイト



大桑を行く「カラシ」

20210507.jpg
2004.5.8 中央本線 大桑~須原   Nikon F4s AF-S ED80~200mm F2.8D  RVP F

17年前のGW明け、ブルトレ撮影のため根府川へ遠征していました。
早朝のブルトレを撮影後、即撤収して帰路がてら中央西線へ向かい、午後の西線貨物を撮影したあとは大桑の道の駅でマルヨ。
翌朝、5883レ狙いで伊奈川鉄橋に向かいました。

この時は運用を調べていなかったので、どの組み合わせで来るのか楽しみに待つ事にします。
原色重連がベストとは言え、先頭が原色なら御の字やな~、と待つ事しばし。
やがてやって来た5883レは、「カラシ」こと広島更新色の67号機と原色78号機の重連でした。
少々がっかりしながらも、ロクヨン唯一の「カラシ」。
「まあいいか。」と、静かにシャッターを切りました。

このように、個人的に「カラシ」は嫌いではないものの、さほど好みでもありませんでした。
中央西線には結構通い続けましたが、結局カラシの67号機を先頭で撮ったのはこの時だけ。
しかし今改めて見ると、カラシのロクヨンも案外カッコよく、撮っておいて良かったと思います。

現在残る唯一の「カラシ」、新鶴見のPF2127号機もそういうわけで全く撮っていません・・。
(改番前の1127号機の時は何度か撮っていますが。)
今度休みと関西入りが重なったらぜひ撮りに行こうと、この写真を見て思った次第です。


鉄道コム

大糸線を行く「しなの」

20210504.jpg
2008.5.4  大糸線 南大町~信濃常盤   Nikon F6 AF-S ED80~200mm F2.8D  RVP100

今日はこのGW中唯一の休みです。
天気も良く絶好の行楽日和ですが、この状況なので近所の公園で娘と体を動かす程度になりそうです。

13年前のGWは、381系臨時「しなの」と高崎夜行狙いで、中央西線~大糸線~信越本線~高崎線と遠征していました。
遠征初日は中央西線大桑鉄橋で、ロクヨン重連5883レと381系「しなの」などを撮影。
天気も良く最初の目的は達成しましたが、大桑で381系「しなの」を撮るとパノラマ車が先頭になります。
これはこれでいいのですが、やはりオリジナルの先頭車も撮りたくなりました。
夕方に折り返してくるのを撮ればいいだけですが、明日は北関東で撮影予定なので出来るだけ先に進みたいところ。
そこで、折り返し直後の大糸線内で迎え撃つ事にしました。

しかし、大糸線の電化区間の撮影地は全然知りません。
大桑から国道19号を北上し松本市内に入ると、大糸線沿いにクルマを走らせロケハンを開始します。
しかしなかなか良い場所が見つからず、有名な安曇沓掛~信濃常盤のお立ち台まで来ましたが、ここでは通過時には面に陽が当たらなさそうです。
地図を見ると、この先に若干西に線路が向いている場所があるのでそこに向かうと、小さな踏切がありました。
近くの広い場所にクルマを停めて踏切に近づくと、なかなかいい感じ。
先客の方がお一人居られたので挨拶してご一緒させて頂きます。

到着して1時間ほどすると、E257系「あずさ」がやって来たので、これを練習電にしてアングルを調整します。
そして15分後、今度はオリジナルのクハを先頭にした381系「しなの」がゆっくりとやって来ました。

完全に面に陽が当たってはいませんが、限られた条件下でそれなりに満足して撤収開始。
翌日の目的地に向けてクルマを東に走らせました。


鉄道コム