阪急「祇園祭」HMを撮る

20220721.jpg
2022.7.21  阪急電鉄神戸本線 芦屋川~夙川    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO100  

長らく正雀工場に入場していた阪急神戸線8002Fが、昨日からようやく運用に入ったそうです。
今日は休みで三宮に所用があったので、今日は運用に入っているかどうか分かりませんが、行きがけに神戸線沿線に寄ることにしました。

9時半ごろに阪急の夙川カーブに到着すると、雲が多いものの、天気予報に反して陽が射していました。
これ幸いと撮影を開始すると、早速「祇園祭」のヘッドマークを着けた9000系がやって来ました。
阪急で3年振りに「祇園祭」のヘッドマークが復活した事をすっかり忘れていたので、これもターゲットにすることに。
結局、1時間ほど滞在している間に残念ながら8002Fは現れませんでしたが、「祇園祭」のヘッドマークを掲げた3編成を撮ることが出ました。

今回は、その中で一番出来が良かった9008Fを紹介させて頂きます。
実は阪急の「祇園祭」ヘッドマークを撮るのは初めて。
機会があれば、本場の京都線でこのマークを撮ってみたいですね。


鉄道コム


スポンサーサイト



回送!6000系

20220623.jpg
2022.6.23  阪急電鉄宝塚本線 中山観音~山本    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO100  

梅雨入りして最初の休みですが、朝起きたら雲が多いものの晴れていたので、近場に撮影へ行ってきました。

最近は暇さえあれば阪急神戸線の夙川付近で撮影していましたが、さすがに少し飽きてきたので久し振りに宝塚線へ。
自宅から40分ほどで現地に着きましたが、上空はほとんど雲に覆われていました・・。
それでも時折日が射すので、10分毎にやって来る電車を撮っていきます。
ここは昼間は急行しかやって来ず、運用が一巡する1時間半ほど滞在しましたが、完全に晴れたのはこの「回送」の6000系のみ。   
しかし、神戸線ではほとんど見かけることがない6000系を久し振りに撮れた事に満足して、まだ昼前ですが早々に家路につきました。


鉄道コム

梅雨入り直前撮影三昧【その3】

20220612.jpg
2022.6.10  阪急電鉄神戸本線 芦屋川~夙川    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO100  

前回の続きです。

和田岬線のあとは、阪急神戸線を撮りに行く事にしました。
ここのところカーブでの正面打ちが多かったので、久し振りに直線で撮りたいと思い、岡本駅近くの岡本学校道踏切へ向かいます。
ところが、30分ほどで現地に着いたものの、なんと踏切近くの駐車場が閉鎖されていました・・。
ここは非常に細い坂道なので他にクルマを停めれそうな場所も無く、大通りまで戻っても近くに駐車場がありません。
仕方がないので、いつもの翠が丘踏切で撮る事にしました。

現地に到着してセッティングを開始すると、ここに来てから2本目でいきなり狙いの8000Fが!
光線状態は良かったものの、構図がまだ煮詰めていないのでイマイチ・・。
普通運用なので、梅田と三宮で折り返して再びここにやって来るのは1時間45分ほど後になります。
まあ、あと2時間ほどは正面に陽が当たるので、それまでここで撮る事にしました。

ここは幼稚園が隣りなので、よく園児達が先生に引き連れられて付近を散歩しています。
そして、線路端でしばらく電車を眺めて手を振ったりしているのですが、その微笑ましい光景にココロが癒されます。
そんなこんなで時間は過ぎ、ここに来てから2時間後。
再びやって来た8000Fを捉える事が出来ました。

1本目に比べてトップライト気味ですが、まあこの時季は仕方ありません。
次こそ特急運用で撮りたいと思いながら撤収を開始しました。


鉄道コム

本日の7009F

20220601.jpg
2022.6.1  阪急電鉄神戸本線 芦屋川~夙川    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO125  

今日は休みで天気予報は「晴れ」。
しかし、朝起きたら空には一面薄雲が・・。
それでも陽は射しているので、何とかの一つ覚えでいつもの場所へ行って来ました。

今日こそは8000Fを撮りたいものですが、現地に着いてから間もなく、三宮行き普通で下っていきました。
その後、7009Fと8042Fという気になる編成が、これまた普通運用ですが続いて下っていきます。
これは幸先がいい!とほくそ笑み待つ事数十分。
まず折り返してやって来たのは7009Fでした。

「?」

順番から言えば8000Fが先のはずですが、と言う事は・・。

8000Fは回送・・。

案の定、7009Fが通過した5分後に回送でやって来ました。
しかも、雲が少し厚くなり写真の出来としてもイマイチな結果に・・。
天気もこれ以上良くなりそうにないので、8042Fの通過を待たずに撤収しました。

と言う訳で、今回は7009Fの写真を紹介させて頂きます。
原形に近い7009Fですが、今度は特急運用で撮ってみたいですね。


鉄道コム

「急行」幕の7013F

20220524.jpg
2022.5.22  阪急電鉄神戸本線 芦屋川~夙川    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO100  

前回の続きです。

74レを撮影するとすぐに撤収を開始します。
朝食までに自宅へ帰らなければいけないのですが、帰路がてら近くにある阪急神戸線の最近お気に入りの場所へ寄り道しました。

夙川カーブから5分程で現地に到着、ここで撮影出来るリミットは約20分です。
到着すると早速9000系の特急がやって来ました。
これを撮影してアングルを微調整し、阪急アプリの列車走行位置情報を確認すると、20分以内に「普通」「特急」「急行」の順に撮れそう・・。

「急行」?

神戸線ではあまり聞き慣れない種別に、一瞬戸惑いました。
「通勤急行」なら平日朝ラッシュ時に走っているので結構撮っていますし、夜間に「快速急行」が走っているのも知っています。
しかし、神戸線でただの「急行」と言うのは馴染みがないので調べると・・。

平日・休日の深夜帯に下りが数本、上りに至っては休日の早朝1本のみと言う事が判明しました。

もうすぐ来るのが、唯一日中に走るその貴重な上りの1本というわけです。
そうなると、そのレアな「急行」狙いで気合が入り、どうせなら幕車が来て欲しいと思うように。

しばらくすると踏切が鳴り、まずは「普通」が幕車の7021Fでやって来ました。
そして次の「特急」はLEDの1000系。
「これはひょっとして急行は8000Fかも・・」という根拠の無い希望が出てきます。
が、そんな願望も、ほどなくやって来た下り特急が8000Fだったことで打ち砕かれてしまいました・・。
しかし、がっかりする間もなく再び踏切が鳴り出し、今度は狙いの「急行」がやって来るのでスタンバイ開始。
 
そしてやって来たのは、期待していた幕車の7013Fでした。

まだ7時ですが、本日の撮影はこれで終了。
さっき下っていった8000Fの特急が折り返してくるのを撮りたかったのですが、タイムアウトなので泣く泣く断念します。
しかし、74レも「急行」幕7013Fも、そこそこ満足行く撮影が出来たので、気分良く家路につきました。 


鉄道コム