陽光浴びる「やくも9号」

DSC_9672.jpg
2024.3.15  伯備線 新見~布原   Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

前回の続きです。

第3高梁川橋梁で「やくも8号」を撮影後、「やくも9号」を狙うべく再び移動します。
1時間ほどで伯備線では数少ない9号の順光ポイントに到着すると、早速セッティングを開始。
ここは何度か9号狙いで訪れましたが、まだ晴れ間で撮れたことがありません。
快晴予報の今日こそは、と気合いが入ります。

1時間前の「やくも7号」と30分前の「やくも12号」でアングルを微調整して、あとは通過を待つのみ。
ここは列車の接近が分かるものが無く、突然カーブの奥から飛び出して来るので気が抜けません。
なので、9号が新見駅を出発した時刻を過ぎると、列車の「気配」を感じることに全集中!
そして微かな気配を感じてスタンバイした数秒後、陽光に照らされた美しき国鉄特急色がファインダーに飛び込んできました。

架線の影が少々うるさいものの、念願が叶い大満足!
しかし、その余韻に浸る間もなく急いで撤収を開始します。
あいかわらず雲一つない快晴なので、このあとも撮影を続けたいのですが・・。
後ろ髪をひかれる思いで、夕方の家庭運用に間に合うべく帰路につきました。


鉄道コム


スポンサーサイト



第3高梁川橋梁にて「やくも8号」

DSC_9583.jpg
2024.3.15   伯備線 方谷~備中川面   Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

前回の続きです。

次の狙いは、国鉄特急色の「やくも8号」です。
今まで「やくも8号」は結構撮ってきましたがアウトカーブから撮影したことがありません。
そこで、すでに側面に完全に陽が当たる時季は過ぎているのを承知で備中川面の第3高梁川橋梁へ向かいます。

現地に到着するとすでに数名の方がスタンバイされていたので後方から脚立で抜くことにします。
セッティング完了して間もなくやって来た「やくも3号」と「やくも6号」は、やはり側面に陽が当たっていません。
しかしその後、だんだんと鉄橋に陽が当たりだしてきました。

そして約1時間後にやって来た「やくも8号」は、薄いながらも側面に陽が当たり、何とか黒つぶれは回避。
まあ記録としては十分かな、とそこそこ満足して撤収を開始しました。

次は、今日の本命である「やくも9号」を狙います。


鉄道コム

朝陽に輝く「やくも4号」

DSC_9509_01.jpg
2024.3.15  伯備線 新見~石蟹   Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

今日は休みで、週間天気予報から全国的に「快晴」の御神託が出ていたので撮影に行ってきました。
ただし、夕方から家庭運用があるので、撮影できるのは実質昼過ぎまでです。
なので、当初は明日のダイヤ改正で消滅する、500系「こだま840号」を大津トンネルへ撮りに行くつもりでした。
これなら午前中に帰宅できるのですが、中国・山陰地方も快晴となると、やはり「やくも」が気になります。
一番撮りたい「やくも9号」を新見付近で撮ってすぐに帰れば、ギリギリ用事に間に合いますが・・。
昨日仕事をしながら一日中悩んだ結果、伯備線へ向かうことにしました。

午前2時過ぎに自宅を出て、新見市内に着いたのはまだ暗い5時頃でした。
すこし明るくなるのを待って、来月早々に引退するスーパーやくも色の「やくも4号」を狙うべく、ロケハンを開始します。
しかし、なかなかいい場所が見つかりません。
右往左往しているとやがて陽が昇り、タイムリミットが迫ってきました。
仕方がないので、昨年「やくも4号」を撮った面縦ポイントへ。
セッティングして間もなくやって来た前走りの115系でアングルを調整します。

そして、それから待つこと暫し。
朝陽を浴びて「やくも4号」が颯爽とやって来ました。

半年前にここで撮った「やくも4号」とほぼ一緒の写真ですが、とりあえず満足。
次の撮影に向けて移動を開始しました。


鉄道コム

斐伊川にて「やくも9号」

DSC_9456.jpg
2024.2.17  山陰本線 直江~出雲市    Nikon D4s  AF-S 70-200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200

今日は休みですが、あいにくの天気。
朝から家族は仕事と学校で居ないので、晴れていればどこか撮影に行ったのですが・・。
代わりにと言ってはなんですが、相方に頼まれた用事を済ますついでに、以前から気になっている某映画を観てきました。
ここのところ娘のお供でアニメ映画ばかり観ていたので、久し振りに実写の映画を観たら新鮮でしたね。
もっとも、その映画はマンガが原作なのですが(笑)

さて、前回の続きです。

午後からは、斐伊川橋梁上の列車を狙います。
スーパーやくも色の「やくも5号」・初めて見た「あめつち」・デカ幕7両の「やくも7号」と順調に撮影をしていきます。
あとは国鉄特急色の「やくも9号」のみ。
朝から快晴で雲一つない状態が続いているので、すでに勝利は確信しています。
また、懸念していた人出も思いのほか少なく、7名ほどでのんびり待機。
そして定刻、心地よい陽気のなか「やくも9号」が斐伊川橋梁を渡ってきました。

国鉄特急色の381系の定期運用撤退まであと半年を切りました。
陽光に輝く特急色は美しく、残されたのはあとわずかな期間ですが、できる限り記録していきたいと思います。


鉄道コム

緑の「やくも12号」

DSC_9285.jpg
2024.2.17  山陰本線 出雲市~直江    Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO125

前回の続きです。

朝陽に輝く8号を撮れて、意気揚々と先ほど場所を確保した対岸へ戻ります。
午前中は上り列車が順光になるので、橋梁と反対側を向いてセッティングして撮っていくことにします。

さて、今日の緑編成は「やくも12号」でやって来ますが、この場所で撮るとちょうどいい光線状態なので好都合。
同じ4両編成でやって来る1本前の「やくも10号」で構図を確認・調整します。
そしてそれから待つこと1時間。
快晴のもと、緑の「やくも」を捉えることが出来ました。

さらに1時間後の14号まで上り列車を撮影して、橋梁側へ回れ右。
午後から順光になる下り列車を狙うことにします。


鉄道コム