2024年初撮り「雅洛代走」

DSC_0338.jpg
2024.1.14  阪急電鉄京都本線 洛西口~東向日    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR(×1.3クロップ)  ISO160

年が明けて早くも2週間経ちましたが、ようやく今年の初撮りをすることができました。

珍しく土日の連休だったので、当初は昨日の土曜日に初撮りをする予定でした。
そして昨年の初撮り同様、「やくも」を狙うつもりでしたが、なんとこの週末は国鉄色編成の運用無し・・。
それならばと、ちょうどこの週末から始まる「雅洛」の代走を狙うことにしましたが、土曜日の天気予報が微妙だったので、快晴の御神託が出た日曜日に変更した次第です。

今朝は5時半頃に自宅を出発、途中で朝食を取って現地に着いたのは日の出直後の7時半前でした。
洛西口駅付近の駐車場にクルマを置いて現場の変電所前踏切へ向かいましたが、切れるような寒さ!
しかし、気温は低いものの風が無いので、陽が昇ると陽射しが心地よく、気持ちよく撮影をしていきます。

そしてここに到着してから撮影する事3時間半、「雅洛」代走の7321Fが颯爽とやって来ました。
しかし、快晴のうえ風が無いので、気温は低いのですが少し陽炎が立ってしまい、超望遠で狙ったので若干その影響を受けてしまったのはご愛敬。
鑑賞サイズではあまり気にならないのでこれで良しとして、この場を撤収します。

次に向かうのは、上牧~高槻市間の梶原上三番踏切です。
ここで雅洛代走の2発目を撮りますが、到着したのが通過1時間前でも、予想に反して誰も居られず。
結局、一人孤独に7321Fを撮ることとなりました(笑)。

DSC_0534.jpg
2024.1.14  阪急電鉄京都本線 上牧~高槻市    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR   ISO100 

さらに2時間後にやって来る3本目の代走はより光線状態は良くなるものの、今日はこれで終了することに。
来月、検査明けでピカピカになった「雅洛」の撮影を楽しみにして帰路につきました。


鉄道コム


スポンサーサイト



9300F参上!

DSC_9241.jpg
2023.11.3  阪急電鉄京都本線 洛西口~東向日    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR(×1.3クロップ)  ISO100

前回の続きです。

大サロ撮影後は、追っかけせずにそのまま帰宅する予定でした。
しかし、あまりにも天気が良いので場所を変えて撮影すること。
向かうは阪急京都線の洛西口駅手前の変電所前踏切です。
ここは、超望遠で洛西口駅から高架を下って来る上り電車の姿が撮れるという事で、かねてから行ってみたい場所でした。
山崎からも近かったので、この機会に訪れることにした訳です。

山崎から10キロもない距離でしたが、渋滞もあり現地到着まで30分ほどかかりました。
幸いにも現場のすぐ近くにコインパーキングがあったので、そこにクルマを停めて機材だけ持って現場へ。
するとすぐに踏切が鳴り下り電車が通過していきましたが、その電車が9300Fでした。
先日京都線を訪れたときは撮れなかったので、今日は来てくれることを願っていましたが、早速その願いが叶えられました。
あとは河原町で折り返して来る同編成を確実に仕留めるだけです。

ここはそれほど交通量が無い踏切ではありますが、踏切が空いている間は離れた場所で待機し、鳴り出したらスタンバイすることになります。
しかし、換算1000mmの画角は、一脚で支えているとは言え保持に一苦労。
ほんの少しの動きで大きくアングルがずれてしまいます。
しかも、11月とは思えない夏日で陽炎も立っている始末。
それでも、来る電車を片っ端から撮っていき感覚をつかむと、それなりに安定してきました。

そして最初に遭遇してから約45分後、踏切が鳴り出しスタンバイします。
ファインダー内で9300Fが洛西口駅を通過する姿を確認、息を止めてアングルの保持に集中し切り位置に来たところで連写開始!
すぐに後方へ退避してプレビューを確認すると、そこには理想の構図で記念HMを掲げた9300Fの姿が写し出されて一安心。
その約10分後にやって来た「雅洛」を撮影して今日の撮影は終了となり、連休で各所渋滞するなか帰路につきました。

大サロを撮影した激パの山崎と違い、ここでは一人のんびりと撮影出来ました。
歳のせいもありますが、混雑するなか殺気立って撮影するよりも、やはり自分にはこちらのスタイルの方が性に合っているようです(笑)


鉄道コム

夕陽に輝く3300系

DSC_9192.jpg
2023.10.25  阪急電鉄京都本線 茨木市~南茨木    Nikon D500  AF-S 70-200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200

今日は休みだったので、家庭運用を終えた午後から少し撮影に行ってきました。

13時ごろに阪急六甲駅に到着、駅前の駐車場にクルマを置いて梅田行の電車に乗り込みました。
目的地は、いつもは早朝の上り電車を面縦で撮るときに訪れる神崎川駅。
今日は午後から順光になるという下りホームから撮ってみようと思った次第です。
ところが乗車中にスマホで調べてみると、今からの時季は14時過ぎには面に陽が当たらないことが判明。
そこで急遽目的地を変更し、少し足を延ばして久し振りに京都線の南茨木へ行くことにしました。

14時に南茨木駅を降り立ち、5分ほど歩いて奈良街道上三番踏切に到着しました。
ここはキャパが狭いのですが幸い誰も居られなかったので、無事にいつものポジションを確保し撮影を開始しました。
すると早速、「Memorial 8300」こと8300Fがやって来ました。
これは幸先が良いと、来る電車を片っ端から撮っていきます。

その後は、「もみじ」HMを掲げた1300系や7300系がやって来ましたが、残念ながら「登場20周年記念」HMを付けた9300Fには遭遇しませんでした。
また、ここは三脚が立てられないので必然的に手持ちになりますが、アングルの自由度が狭く、構図が少しずれたり傾いたりして四苦八苦します。
しかし、狙いのオールマルーンの5300系と3300系は気合いが入ったのか、割合良い結果を残せたように思います。

そこで今回紹介するのは、最後にやって来た3328Fです。
非常にゆっくりやって来たため落ち着いてシャッターを切ることが出来て、編成後部に影がかかってはいるものの今回一番満足いく出来に。
夕陽に照らされるオールマルーンは美しく、またの来訪を誓って現地をあとにしました。


鉄道コム


8002F来たる

DSC_8874.jpg
2023.10.19  阪急電鉄神戸本線 西宮北口~武庫之荘    Nikon D500  AF-S 70-200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO160

今日は休みで朝からいい天気、せっかくなので少し撮影に行ってきました。

家族が仕事と学校へ向かうとすぐに出発し、9時には阪急神戸線の守部東第二踏切に到着しました。
ここで1時間ほど撮影しましたが、残念ながら一番撮りたかった7000Fはやって来ず。
しかし、今年も掲出が始まった「もみじ」HM付の1000系2本と9000系を撮影することが出来ました。
そして、今日一番の収穫は特急運用の8002F!
上下がカツカツながら、バランスよく捉えることが出来ました。

10時を回ると面に陽が当たりにくくなってきたので、撤収することに。
僅か1時間ほどの撮影でしたが、8002Fを撮れた満足感に浸りながら現地をあとにしました。


鉄道コム


神崎川にて「7000」

DSC_8649.jpg
2023.10.6  阪急電鉄神戸本線 神崎川    Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

今日は休みですが、午前中に大阪・梅田まで出る用事があったので、行きがけの駄賃に久し振りに神崎川駅で撮影してきました。
狙いは、まだ普通運用しか撮れていない7000Fの「7000」側です。
今回こそは優等運用で撮れることを願って、昨日早めに就寝しました。

まだ夜も明けやらぬ4時半ごろに家を出ると、上空は雲に覆われていて星一つ見えません。
それどころか神崎川駅に向かってクルマを走らせていると、ポツポツ雨まで降ってきました。
昨日の夜の天気予報では、どの予報も大阪は「晴れ」だったのに・・。
神崎川駅前の駐車場にクルマを置いてホームに上がるも真っ暗で状況は変わらず、テンションが下がります。

日の出直後の6時を過ぎても辺りは暗く、撮影が出来ません。
何本か見る鉄して少し明るくなってきた6時半、次に来る朝1本のみの準特急から撮影を開始することにします。
本来なら朝陽に輝く準特急を頂くつもりだったのですが、それは叶わず。
とりあえず構図確認用に、やって来た準特急をファインダーに捉えると・・。

7000F!

よりによってこんな時に・・、と自分の運の無さを呪います。
しかし、この後7000Fは梅田と新開地で折り返して、1時間半後に「特急」で再びやって来ます。
その後は車庫に入るので、次がラストチャンス。
予報通り晴れてくれることを祈り、撮影を再開します。

すると、祈りが通じたのか西の方から雲が切れだし、ここに到着してから1時間半経ってようやく朝陽が射しだしました。
それからは打って変わって上空は雲一つない快晴に!
やって来る電車を片っ端から撮っていきます。
そして「準特急の悲劇」から1時間半後、特急幕を掲げた7000Fを無事に捉えることが出来ました。

その後、通勤急行や準急の運行が終わる9時頃まで撮影を続け、そこから電車に乗って梅田へ。
梅田で所用を済ませて神崎川駅へ戻り、クルマで帰路につきました。
とりあえず当初の目的は達成出来たのですが、次は違う時間・違う場所・違う種別で撮ってみたいと願望は膨らみます(笑)


鉄道コム