大野下にて「はやぶさ」

DSC_6923.jpg
2009.2.4  鹿児島本線 長洲~大野下    Nikon D300  AF-S ED28-70mm F2.8D  ISO200

年が明けて初撮りは済ませたものの、その後ことごとく天気に恵まれず1月が終わってしまいました。
早く好天のなか撮影に行きたいものです。

15年前の今頃は、ブルトレ「はやぶさ」を狙いに九州へ行っていました。
日が変わる頃に自宅を出発して夜通しクルマを走らせ、大野下駅手前のストレートに着いたのは朝9時過ぎでした。
この場所は過去に数回訪れていましたが、曇られたり遅延で光線状態が悪かったりして、満足いく結果を残せてない因縁の場所。
今回が廃止直前のラストチャンスなので自ずと気合が入ります。

快晴の下、入念にピントや構図を先行列車で確認して待つこと2時間。
汽笛一声、下り「はやぶさ」がファインダーの中を駆け抜けて行きました。


鉄道コム

スポンサーサイト



「なはつき」駆ける!

DSC_0398.jpg
2006.7.14  東海道本線 新大阪~東淀川    Nikon D200  SIGMA 24-60mm F2.8 EX DG  ISO100

天気予報を見ていると、ようやく梅雨明けが見えてきたようです。
晴れるのは大歓迎なのですが、猛暑になるのは勘弁してほしいですね・・。

12年前、うめきた開業で半年前に廃止された「西梅田一番踏切」へ、SRCを撮影に行きました。
しかし、ハイビームにやられゴースト出まくりで撃沈・・。
失意のまま次に訪れたのは、東淀川駅至近の歩道橋でした。
ここで次々にやって来る多種多様な列車を撮っていきましたが、一番まともに撮れたのがこの「なは・あかつき」でした。

連写した中で奇跡的にいい位置で止まってくれた一枚ですが、数多く撮った「なはつき」で流し撮りはこの一枚のみ。
色々突っ込みどころはあるものの、それなりに満足している写真なので今回紹介致します。


鉄道コム



朝陽に輝く!

20221002-1.jpg
2009.10.5   室蘭本線 礼文~大岸   Nikon F6 AF-S ED80~200mm F2.8D  RVP100

朝晩はめっきり涼しくなってきました。
今日も秋晴れでよい撮影日和ですが、家庭運用てんこ盛りで撮影はお預けです。

そういうわけで今回は、かなり以前に紹介した写真の次コマなのでほぼ再掲になりますが、ご容赦ください。

毎年恒例だった職場の旅行で前日に北海道入りし、夜半に札幌のホテルをレンタカーで出発。
日の出前に現地に到着し、車中で仮眠して目覚めると、雲ひとつ無い快晴!
勝利を確信してセッティングし、通過を待ちます。

・・・が。

通過まで一時間を切った頃、突如雨雲が空を覆い出し、夕立のような激しい雨が!
あわててクルマに避難するものの、一向に止む気配がありません。
通過時刻が刻一刻と近づく中、移動するべきかここに留まるべきかの選択を迫られます。
しかし、移動するにしても残された時間はあまりありません。
「ここまで来て・・」と無念に思っていると突如雨が止み、急激に天候が回復、再び朝陽が射してきました。
絶望から一転、喜び勇んでクルマを飛び出します。

雨でぬかるんだ斜面をよじ登り、置いてあったずぶ濡れの三脚にカメラをセット。
前走りの列車が雨で撮れなかったので一発勝負、入念に構図をチェックします。

そして10分後。
「カシオペア」が朝陽に輝いてトンネルを飛び出してきた姿を無事に撮ることが出来ました。

この時の絶望的な状況からの逆転劇は、13年経った今でもはっきり覚えています。
でも、心臓に悪いので今後はあまり体験したくない状況ですね(笑)


鉄道コム


刈谷駅を通過する「みずほ」

20220831.jpg
1994.9.1 東海道本線 刈谷   Canon AE-1P  TAMRON SP70~210mm F3.5  RDⅡ

お盆頃からすっきりとしない天気が続いたまま8月が終わろうとしています。
結局、今月の撮影は職場の健康診断のついでに撮った北条鉄道キハ40だけでした。

と言うわけで今回も過去写真からです。
前回紹介した「つるぎ」を新潟で撮影して、その夜の「ムーンライト」で東京へ。
翌日は一日東京近郊を撮り歩き、その夜の大垣夜行で帰路につきました。
そして翌朝、刈谷駅で下車。
ここでブルトレが減速すると聞いて、帰りがけの駄賃に東海道ブルトレを撮ろうと思ったためです。

誰もいないホーム端で撮影を開始すると、早速「はやぶさ」がやって来ましたが早朝の上曇っていたので撃沈。
その後も117系や211系などがやって来ましたが、露出があがりません。
しかし、陽が昇るにつれて雲が切れだし、朝陽が差し込むようになりました。
そして、「みずほ」「さくら」と2本のブルトレを快晴で撮影し、この旅の最後を有終の美で飾ることができました。

さて、「みずほ」ですが、この3ヵ月後の12月の改正で残念ながら廃止されてしまいました。
東海道ブルトレで早々に廃止されたため、「みずほ」の写真はあまり撮ることが出来ず、まともに走行写真を撮れたのはこの1枚のみ。
それだけに思い入れのある1枚となりました。


鉄道コム

トワ釜「つるぎ」

20220824.jpg
1994.8.30 信越本線 古津~矢代田   Canon AE-1P  TAMRON SP70~210mm F3.5  RDⅡ

今日は休みで、晴れたら早朝だけでも74レの撮影に行こうと思っていましたが、あいにくの天気・・。
華麗に寝坊して、今から家庭運用です。

と言うわけで今回も過去写真から、トワ釜牽引の「つるぎ」です。

大学生の頃の夏休み、青春18きっぷを利用して前日大垣夜行で東京に到着し碓氷峠へ向かいました。
碓氷峠で日中撮影したあと東京に戻り、その夜の「ムーンライト」で新潟へ。
新潟到着後、古津~矢代田のポイントへ向かいました。

ここでの狙いは、「つるぎ」。
大阪着が早いのでなかなか関西では走行が撮りにくい列車でしたが、夏場なら新潟側で順光で撮れます。
そして当時の撮影地ガイド本を見て、ストレートでなおかつ駅から至近のこのポイントに決めた次第です。

現場に到着して早速撮影準備にかかりますが、「つるぎ」まで前走りの列車がないのでいきなり本番です。
狭い踏切脇で先客の方と談笑しているとあっという間に通過時間に。
やがて踏切が鳴り臨戦態勢に入ると、ファインダーにトワ釜が飛び込んで来ました。

この後もしばらくここで撮影しましたが、EF64やEF81牽引の貨レ、新旧新潟色115系、そして国鉄急行色165系が撮れて大満足。
この夜の「ムーンライト」で東京へ戻るまで、新潟付近の撮影と乗り鉄を堪能しました。


鉄道コム