「サロンカーなにわ 40周年記念号」

DSC_8666.jpg
2023.11.3  東海道本線 島本~山崎   Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

今日と明日、「サロンカーなにわ40周年記念号」が運転されますが、往路である本日のみ撮影に行って来ました。

今回の大サロは往路のみHMが付くという事でしたが、北に向かって走るため順光になるところが殆どありません。
完全順光になるのは山崎駅など数少ない駅端とサントリーカーブの京都寄りのみと思われ、当然激パ必至・・。
サントリーカーブの京都寄りは、いわゆる「マンションバック」なのであまり好みの場所ではありませんでしたが、ここしかありません。
早めに行けばなんとかなるだろうと、前日早めに就寝しました。

そういう訳で現地に到着したのは、まだ夜も明けきらぬ3時頃でした。
既にいくつか脚立が置いてあったものの、目星をつけていた場所は空いていたのでそこを確保し、山崎駅前の駐車場に停めたクルマのなかでしばし仮眠します。

少し空が明るくなった5時頃に現場に戻ると、当然来た時よりも人出が増えていました。
なので早々にセッティングを開始し、アングルの微調整をしていきます。
しかし、その後もどんどん人が増えていき、アングルの自由度がどんどん無くなっていきます。
それでも、周りの人達と融通しあって大きな混乱もなく待機する事3時間。
雲一つない秋晴れのもと、専用ヘッドマークを付けた「大サロ」が颯爽とやって来ました。

あまりの人の多さで当所望んでいたアングルは諦めざるを得ませんでしたが、ヘッドマークも編成全体もキレイに陽が当たった状態で撮れたのでそれなりに満足。
この後追っかけるのか、慌ただしく撤収していく多くの同業者を尻目に、ここに居残る方々とお話をしながら、のんびりと片付けを開始しました。


鉄道コム


スポンサーサイト



大サロ「お召列車」

DSC_9794.jpg
2011.10.31  山陰本線 泊~松崎   Nikon D300  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200

来週末、「サロンカーなにわ40周年記念号」が運行されます。
休みが取れたので撮影に行く予定ですが、もう40年も走っているんですね。
その「サロンカーなにわ」の花形運用(?)は何と言っても「お召列車」。
現状12年前が最後の運行になっていますが、今回はその時の写真です。

当時、鳥取市で開かれた「第31回全国豊かな海づくり大会」に出席された天皇・皇后両陛下を乗せたお召し列車が鳥取~倉吉で運転されることになりました。
運転区間が短いうえに順光箇所が殆どなく、有名撮影地である泊~松崎は数日前から超激パの様相。
しかも当日の天気予報は「雨」と、撮影意欲が低下していました。
しかし、次はいつ運転されるか分からないお召列車ですので、撮れる時に撮っておこうと幼馴染のSyu氏とともに、日が変わったころに出発しました。

土砂降りの雨のなかクルマを走らせ、鳥取市内に到着したのは明け方4時ごろ。
この天気と暗さではロケハンは不可能なので、明るくなるまで車中で仮眠します。
やがて雨が上がり、少し明るくなった来た6時ごろからロケハンを開始しました。

しかし、沿線各所は既にどこも同業者で一杯。
ダメもとで泊~松崎も覗きましたが、想像以上に凄い人出で立錐の余地もなく・・。
そして最後にたどり着いたのは、泊駅外れの場所でした。
ここは側面には陽が当たりませんが、どうせ晴れないので問題なし。
制限標識が邪魔ですが、タイムアップも近いのでここで撮ることにしました。

到着当初は誰も居られませんでしたが、通過時刻が近づくとぼちぼちと同業者がやって来ました。
それでも最終的に集まったのは数人に過ぎず、のんびりと待機。
そうこうしていると予報に反して陽が射してきました。
やがて通過直前になると、上空に警察のヘリコプターが現れ臨戦態勢に。
そして定刻、日章旗をはためかせたお召列車がゆっくりと目の前を通過していきました。

余談ですが、妊娠していた相方がこのころに臨月にはいったので、この撮影をもってしばし撮り鉄を休業しました。
そして約1か月後、無事に長女が生まれましたが、その娘も来年から中学生。
この撮影もつい最近のように思えますが、月日が流れるのは早いものですね。


鉄道コム

白煙あげて

DSC_8124.jpg
2023.9.28  山陰本線 香住~鎧   Nikon D500  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO500

今日は一年振りに、大サロの「兵庫テロワール旅号」が運行されました。
昨年はプレキャンペーンで運行されたのを播但線内で撮ったので、今回は撮りに行こうかどうか少々悩みました。
というのは、「兵庫テロワール旅」のHMがあまり好みでなかった事と、休みが撮影条件の悪い往路の日しか取れなかったからです。
しかし、貴重な客レでもあるので、日本海側の天気が悪いのを承知で出撃することにしました。

今回の目的地である香住駅先にある谷田川橋梁に着いたのは、まだ暗い5時半ごろでした。
それでも現場には2番乗りでしたが、難なく駐車場所を確保して、定番のイン側でなくアウト側にセッティングします。
やがて陽が昇ると時折同業者がやって来ますが、皆さんイン側に行かれるので、一人のんびりと長い待ち時間を過ごしていました。
しかし、さすがに通過30分ほど前になると追っかけ組が続々と到着し、満員御礼のイン側にあぶれた人たちが続々とこちら側に。
そして長々と待つこと10時間、汽笛一声香住駅を出発した大サロが、盛大に白煙を上げてやって来ました。


鉄道コム

梅雨晴れの紀勢線にて

20230613.jpg
2004.6.14  紀勢本線 大内山~梅ヶ谷    Nikon F4s  AF 35~70mm F2.8D  RVP F 【再掲】

鬱陶しい梅雨空が続き欲求不満が溜まる一方です。
まあ、この機会に休日は家でゆっくり疲れを癒すのもいいかもしれませんが、大抵家庭運用が・・。
次の撮影行を円滑にするためには必要だと思い、黙々と従事することにしています(笑)

さて、今回はかなり以前に紹介した写真の再掲ですが、梅雨時とは思えない快晴のなか捉えた今は無き紀勢貨物1853レです。
所用で静岡県を訪れた帰り道に寄った紀勢線ですが、1853レを三瀬谷の鉄橋で撮ったあと、大内山のカーブに向かいました。
ゆっくり走っても余裕で間に合いましたが、これだけ天気が良いのに予想に反して誰も居られません。
インカーブにセッティングして、小鳥のさえずりを聴きながら心地よい風に吹かれる最高のロケ―ションを独り占めして待つことしばし。
やがて、遠くからディーゼルの咆哮がゆっくりと近づいてきました。

紀勢貨物が廃止されてからは紀勢本線に行くことは無くなりました。
現在、紀勢線沿線はキハ85系「南紀」狙いで賑わっているようです。
来月引退するキハ85系には間に合いませんが、いつかHC85「南紀」でも撮りに久し振りに紀勢線を訪れてみようと思います。


鉄道コム


DE10が牽引する大サロ「大社臨」

20230108.jpg
2004.1.10  伯備線 伯耆大山~岸本    Nikon F4s  AF ED300mm F2.8S(New)   RVP F

今日は休みで晴天ですが、家庭運用てんこ盛りで撮影に行けません。
さてさて、初撮影はいつになるやら・・。

という訳で今回は過去の写真から。
かつて正月明けの初詣臨として頻繁に運転されていた「大社臨」です

それらを狙いに伯備線へ遠征した2004年は、「岡サロ」「ゆめじ」「ワカ座」「大サロ」「旅路」など多様な車種で運転されていました。
しかし、この日に晴れ間で撮れたのは以前紹介した「旅路」とこの「大サロ」のみ。
「岡サロ」と「ワカ座」はDD51牽引でしたが、なぜか「大サロ」はDE10が牽いて来ました。
小さなDE10が単機で「大サロ」フル編成を牽引する姿は、後にも先にもこの時しか目撃していません。
それだけに写真の出来はともかく、貴重な記録を残すことが出来た事に満足しています。


鉄道コム