薄晴れのトワイライト

20190713.jpg
2014.7.12  室蘭本線 北舟岡~伊達紋別   Nikon D300  AF-S 70~200mm F2.8G ED VRⅡ  ISO200 

遅い梅雨入りでしたが、梅雨に入った途端に鬱陶しい天気が続きます。
早く梅雨が明けて、夏空の下で撮影したいものです。

今月はまだ撮影に行けていないので、過去の写真を・・と思って探していましたが、梅雨真っ只中のためか思ったほど7月に撮影に行っていないことが判明しました。
そんななか今回紹介するのは、5年前に梅雨のない北海道へ撮影に行った時の写真です。

毎年恒例の職場の積立旅行で2泊3日で訪れた北海道ですが、この日は初日。
新千歳空港に昼前に到着して、レンタカーでまず向かったのは北舟岡。
ここで「トワイライト」「カシオペア」を狙います。
到着時は快晴で、集まっている同業の方々と談笑しながら通過を待ちます。
ところが、「トワイライト」通過時間が迫り、北舟岡で交換する対向の貨物が通過すると、太陽が薄雲の中に・・。
早く雲から抜けてくれ、との願いも空しく、薄雲がかかった状態で「トワイライト」がやって来てしまいました。

まあ、一応「晴れ」で押さえる事が出来たので・・、と自分を慰めつつ、気持ちを切り替えて次の「カシオペア」に勝負を賭けます。

だんだん陽が傾いてきて、前走りのキハが絶好の夕方の光線で通過して行きました。
ところが、遠くの踏切が鳴り出しファインダーを覗いて臨戦態勢に入ると、なんと手前からすっと陽が陰ってきたではありませんか!
今度は完全ドン曇り、奥の方は激晴れという最悪の状態で通過し、茫然自失・・。
意気消沈して宿泊地へ向かいました。

このあと2日間、寝台特急を追いかけましたが、結局晴れたのは最終日にレンタカーを返却する直前に撮った、大阪行き「トワイライト」のみでした。

今から思えば、薄晴れでも撮ることができた「トワイライト」は貴重な記録になったと思いますので、百点満点の出来ではありませんが敢えて紹介させて頂きます。


鉄道コム

スポンサーサイト