梅雨の晴れ間の74レ

20210617.jpg
2021.6.17  山陽本線 塩屋~須磨    Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

ここのところ梅雨空が続き、なかなか撮影に行けていません。
その上、パソコンの調子も悪くなり、なかなかブログを更新出来ませんでした。
しかし、今朝スマシオまで行って来ましたので、久し振りにブログを更新させて頂きます。

今日は「West Express 銀河」が大阪に帰ってくる日です。
前回、快晴のなかスマシオで「銀河」を撮る事が出来て大満足だったのですが、少し違うアングルでも撮りたくなるのが人情。
ところが、ここで撮れるチャンスはあとわずかしかありません。
昨日の天気予報では「晴れのちくもり」で朝はなんとか晴れそうでしたが、SCWで雲の状況を見ると微妙な予測・・。
ここのところの仕事疲れもあり、ゆっくり寝ていたい気持ちもあります。
しかし、長期予報では来週からは月末までずっと天気は下り坂だったので、少しでも晴れ間が期待出来るなら・・、と出撃する事にしました。

3時半頃に家を出ると、上空は雲に覆われていました。
「止めて2度寝しようか・・」とも一瞬思いましたが、行かないで後悔するよりも行って後悔したほうがマシと、気を取り直してクルマに乗り込みます。
そして1時間程で現地に着きましたが、雲の切れ目が多くなり、東の空は既に明るくなっていました。
今回はここスマシオの定番場所から狙う事にしていましたが、誰も居られず難なく場所を確保。
セッティングを開始します。

アングルを調整してしばらくすると、雲の隙間から朝陽が射してきました。
しかし、上空はだいぶ雲が切れてきましたが、太陽の方向にはまだ多くの雲が残っています。
案の定、太陽が昇るにつれて雲の中に入ってしまい、なかなか抜けそうにありません。
結局、「銀河」は朝陽を浴びることなく、目の前を通過して行きました。

少々がっかりはしたものの、露出は充分あり、早朝の雰囲気が出てそれなりに納得いく写真が撮れたのでよしとします。

負け惜しみですが(笑)


さて、気を取り直して30分後の74レを狙うべくアングルを変更します。
自分の好みとしては手前まで引き付けるのがベストなのですが、前回「銀河」を撮った後74レをそのアングルで撮ったところ、全コマ正面に影落ちして撃沈・・。
この時期このアングルは無理と判断して、奥のほうで切る事にします。

そして待つ事30分。
通過数分前に陽が射し出して、全開露出のなか74レがやって来ました。
シャッターを押した時に若干構図がずれてしまったようで後ろがカツカツになったのと、コンテナ満載でなかったのが気にはなるものの、晴れ間で撮れたことに満足して撤収を開始しました。


鉄道コム



スポンサーサイト