初秋の伯備線へ! 【その1】

DSC_8246.jpg
2023.9.7  伯備線 新見~石蟹   Nikon D4s  AF-S 200-500mm F5.6E ED VR  ISO100

7月後半から娘の夏休みに入ると家庭運用てんこ盛りで、早朝や夕方に地元で少し撮影するのがやっとでした。
しかし、夏休みもようやく終わって家庭運用もひと段落。
平日の休みと好天が合った今日(いや、もう昨日になりますが・・)、5月以来の伯備線詣をして参りました。

前回のリベンジを果たすべく、早朝の岸本付近から撮影を開始したかったのですが、鳥取県の朝の天気予報は「曇り」・・。
しかし、伯備線中南部の岡山県は「快晴」との事!
それならばと、昨年3月に薄晴れに終わった井倉の鉄橋のリベンジを果たすことにしました。

早朝5時半過ぎに井倉の鉄橋に到着しましたが、上空には霧が立ち込めており辺りは薄暗いまま。
まあ、太陽が昇れば霧は晴れるだろうと、とりあえず場所を確保して、スーパーやくも色の「やくも4号」狙いで移動します。
というのは、井倉の鉄橋は4号通過時には陽が当たらないため。
事前に目星をつけていた、新見駅付近へ向かいます。

新見駅近くのコンビニで朝食を仕入れてからロケハンを開始。
しかし、目星をつけていた場所はイマイチで次の候補に向かいましたが、そこもダメ・・。
どうしようか・・、と考えながら線路沿いの道をクルマで走っていると、低い築堤に上る小道を発見しました。
幸いその場所は道が少し広くなっており、邪魔にならないようにクルマを停めて上ってみると、面縦でいい感じに撮れそうです。
線路に近づきすぎないようにカメラを手にしてフレーミングを確認していると、早速電車がやって来る音が。
そしてやって来たのは、なんと湘南色の115系でした!

構図は煮詰まっていないものの、朝陽に輝く顔がバッチリ撮れたのでここに決定!
その後、1本しかない前走りの電車でアングルを微調整します。
そしてその8分後、カーブの先から軽快な足取りで、朝陽に輝く紫色の「やくも4号」がやって来ました。


鉄道コム

スポンサーサイト