福知山線を行く赤帯103系

20220220.jpg
1995.2.19 福知山線 三田~道場   Canon AE-1P  TAMRON SP70-210mm F3.5  RDPⅡ

今日は休みで天気も良さそうですが、これから家庭運用てんこ盛りで撮影には行けません。
まあ、先日終日撮影出来たので鉄分はまだ補給せずに済みそうですが(笑)

27年前の年明け早々、阪神・淡路大震災が発生しました。
この時は就職の内定も決まり、大学の卒業を待つばかりでした。
そんな時にあの地震が起こり、新長田駅前にあった内定先の企業の本社が被災・・。
燃え盛る新長田駅前の映像がテレビに写るたびに、内定取り消しがアタマの中を過ぎりました。

幸い自宅は、門柱や壁に少々ヒビが入った程度で大きな被害もなく、ライフラインも問題ありませんでした。
そんななか、テレビで刻々と報道される被害状況や、内定先企業からの連絡が無い状況に悶々とする日々・・。
そこで、震災から1ヶ月経ち状況も少し落ち着いてきたので、気分転換に近場へ撮影に行くことにしました。

その頃、東海道本線が寸断されていたため福知山線は迂回経路となり、各地から多くの車両が応援に駆けつけていました。
現在ならネットでリアルタイムで状況が分かりますが、当時はテレビや新聞でしか迂回運転の情報を得る事が出来ませんでした。
当然趣味的な「形式」などの情報は報道されないので、実際に行かないと何が来るか分かりません。
原付で15分ほど走って現地に到着し撮影していると、程なくして後から赤帯の113系が新三田行きでやって来ました。

今回紹介するのは、新三田で折り返して来たその赤帯の113系です。
当時は関西本線で運用されていた「春日色」と呼ばれていた赤帯の113系。
当然福知山線で撮影したのは初めてでした。
この後は通常4・6連の183系「北近畿」が向日町の485系中間車2両を増結した8両でやって来ましたが、これら以外は通常見られる福知山の113系や117系、黄色の103系ばかり。
世間が大変ななか撮影している後ろめたさもあって、早々に撤収する事にしました。

この後も度々ここへ撮影に来ましたが、大阪環状線のオレンジの103系や緩行線のブルーの103系、広島のクリーム色の103系などを撮る事が出来ました。
当時は後ろめたさを感じながら撮影していましたが、今となっては貴重な記録を残せたと思います。

余談ですが、被災した内定先企業は幸運にも延焼は免れ、無事に4月に入社する事が出来ました。
入社後に知ったのですが、やはり今年度の内定を取り消すことも検討されたそうです。
そして無事に入社したあとの初仕事は、延焼は免れたものの中が壊滅的に散らかった本社ビルの掃除と整理でした(笑)


鉄道コム
スポンサーサイト




113系赤塗装

 AKKYさん、こんにちは、ナイスです!

 震災後、関西線の赤の113系が運用されていたのですね。特急北近畿の自由席が乗車券だけで、乗れたのと、播但線に智頭急行のHO7000系が、臨時快速で和田山・姫路間を北近畿に接続して運転されていました。筆者は、地震で急に仕事が多忙になり、撮り鉄どころではなくなりました。そのため、福知山線・播但線経由の寝台特急なは・あかつきも撮って居ません。

 平成7年1月17日5:46に発生した阪神・淡路大震災は、神戸・淡路島を中心に大きな被害を出しました。JRも六甲駅付近の高架が崩落し、阪急電車も、西宮北口・夙川間の高架と三宮駅が、阪神は石屋川車庫が崩壊しました。山陽新幹線も、多くの場所で橋梁が落下しました。
 早朝の地震で、鉄道の被害は、シュプール号など夜行列車と貨物列車程度で、乗客の大きな被害は、民鉄を含め少なかったのが、不幸中の幸いでした。

 筆者も、物見遊山ではないのですが、仕事で被災地の状況を調査に数日出掛けました。酷い惨状で、長田地区の火災も続いており、水道管が破裂や停電で、水が無く消防車が居ても、河川の水以外消火できないとのことでした。このような災害が、その後、東日本大震災、熊本地震が続き、地震列島日本を思い知らされました。神戸は、ほぼ復旧したようですが、東北は、まだまだの感じです。熊本も漸く熊本城が一部修理が出来た程度です。
 近い将来、南海・東南海大震災が、M8程度で発生すると、予測されています。用心して備えるしか、対策はなさそうです。

 貴ブログの貴重な記録UPを、楽しみにしております。
[ 2022/02/20 13:11 ] [ 編集 ]

迂回輸送

トレインマニア2さん

毎度コメントありがとうございます。
トレインマニア2さんも震災当時は大変だったのですね。
地震から1週間ほど経って地下鉄が再開されたときに初めて三宮へ行きましたが、地下鉄の出口から地上に出た時の惨状を目の当たりにした時のショックは、未だに忘れられません。
その後、就職して須磨区や長田区を仕事でよく周っていましたが、結構遅くまで手付かずのところがありました。
さて、東海道本線が復旧するまでの迂回運転は、播但線経由の直通列車もありましたね。
ヘッドマーク無し、DD51牽引の播但・福知山線経由の「あかつき」「なは」も何度か撮りました。
今なら長期運休になるようなケースですが、当時はなんとしてでも輸送を確保するという鉄道会社の「意地」みたいなものを感じさせてくれたように思います。
その後も震災が日本を襲いましたが、今後起こりうる南海トラフ地震などには、今から備えておくしかありませんね。
[ 2022/02/21 08:49 ] [ 編集 ]

春日色の113系

AKKYさんこんばんわ。Wです。
春日色の113系だ!と思ってよく読んでみたら福知山線での撮影だったのですね。
編成の後ろまで綺麗に入っていてまさに関西線快速のイメージですね!
東海道を走る湘南色の113系と同じ車体のはずですが、子供の頃からなぜかこの塗装が大好きでした。
多分、弁天町の交通科学館に連れて行ってもらえる時に乗っていたからだと思います。
阪神大震災は我々にとって決して忘れる事の出来ない大災害ですよね。
無事に東海道線、阪急、阪神が復旧して改めて鉄道のありがたさを感じました。
AKKYさんもいろいろと大変だったのですね…。
[ 2022/02/25 01:05 ] [ 編集 ]

赤帯113系

Wさん

毎度コメントありがとうございます。
あの震災からもう27年になりますが、決して忘れられない出来事ですね・・。

青帯の113系は結構遅くまで福知山線でも走っていましたが、赤帯は早く消えましたね。
春日色の113系は、学生の頃関西線快速のヘッドマークを付けた姿をよく大阪駅で見かけたものですが、駅撮りばかりで走行写真を撮った事がありませんでした。
イレギュラーな運用でしたが、これも今となっては貴重な記録になったと思います。
[ 2022/02/26 13:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://dmhl.blog.fc2.com/tb.php/439-e743cd86