秋晴れの神戸線を行く「雅洛」

20221026.jpg
2022.10.26  阪急電鉄神戸本線 西宮北口~武庫之荘    Nikon D500  AF-S ED300mm F2.8DⅡ+TC17EⅡ  ISO100

この秋、久し振りに京とれいん「雅洛」が神戸線を走行します。
かつて、春と秋に臨時列車として西宮北口~嵐山間を走っており、3年前の秋に神戸線内で撮った事があるものの、生憎の空模様。
翌春の運転時にリベンジを果たそうと思ったものの、コロナ禍でその後は運転されることはありませんでした。
しかしこの夏、ツアー列車としてですが3年振りに神戸線を走ると発表があり、早速3回ある運転日すべて休みを申請しました。
結果、10月に2回ある運転日は休みが取れましたが、11月の運転日は業務の都合で休みが取れず。
それでも2回のうち1回は晴れるだろうという、根拠の無い希望を胸に運転日を心待ちにしました。

10月1回目の運転日である12日、天気予報は週間予報の段階から「晴れ時々くもり」で期待していたものの、2日ほど前から急に下方修正され「くもり時々晴れ」に。
それでも、「晴れ」という文言に一縷の望みをかけて早朝から出撃したものの、全く晴れ間が出ず撃沈。
3年目の写真とほとんど変わらない画像が残っただけでした。

そして二回目の運転日である今日、再び早朝から出撃してきました。
今度は週間予報の段階から「晴れ」。
前日になっても予報は変わらず、果たして今朝起きたら、まだ陽は昇っていないものの空には雲ひとつありません。
喜び勇んで6時頃に自宅を出ました。

途中、日の出を迎え7時前には現地に到着。
まだ切り位置には陽が当たっていませんが、セッティングを終えたらしばしクルマのなかで待機します。
30分ほど経つとようやく切り位置にも陽が当たり出したので、雲ひとつ無い快晴のなか朝ラッシュで次々にやって来る電車を片っ端から撮っていきます。
しばらくして気がつくと、恐らく「雅洛」狙いの同業の方々が数名、近くの踏切に集まっておられました。
前回は曇っていたためか、自分以外通過時にも誰もいませんでしたが、さすがにこの好天では撮りに来られるでしょう。
否が応にもテンションがあがります。

そんななか、通過まであと1時間と迫った9時頃、下り電車内で急病人が発生、王子公園駅で救急搬送との事で遅延が発生しました。
一時は上下線の運行がストップしましたが、幸いにもすぐに解除され、上り電車は概ね定時に通過。
しかし、下り電車のダイヤは乱れています。
そうなると、前回は全く問題なかった「被り」の可能性がアタマをよぎります。
しかし、今日は2時間ほどの間に被られたのは1回のみ。
まあ、大丈夫だろうと能天気に撮影を続行します。

その後、上空に少し雲が湧いてきましたが、太陽の周りには全く雲はありません。
これで天気の心配はなくなりました。
やがて無線から、西北に停車中の「雅洛」への出発指示が流れてきて、定時の出発を確認。
そして、近くの踏切が鳴り出しスタンバイします。

ところが、少し離れた前方の踏切に集まっている同業の方々がしきりに後ろを気にしています。
「?」と思って振り返ると・・。

下り電車が接近!!!

・・一瞬、血の気が引きました(ホントに)
そして、上り線には「雅洛」の姿が。
「この最高の条件で何故・・。」と思いながらもファインダーを覗きスタンバイ。
やがてファインダー内一杯に下り特急の車体が流れていきます。
そして、下り特急の最後部がファインダーから抜ける直前に、その陰から「雅洛」が登場!
反射的にシャッターを押していました。

果たして結果は御覧の通り。
「雅洛」のスピードが遅かったので、かろうじて下り電車が抜けてくれました。
左下に下り電車の影が少し写っていますが、これまた上下線の間隔が開いていたので車体にかからずに済みラッキー。
しかし、慌ててシャッターを押したのでベストな位置の1コマ目はわずかにピンボケになりました。
そういうわけで少しカツカツですが、シャープに写せた2コマ目を紹介いたします。

こうして何とか3年越しでリベンジを果たすことが出来ました。
来月の3回目の運転は撮りに行くことは出来ませんが、また「雅洛」が神戸線を走るときは撮りに行こうと思います。


鉄道コム
スポンサーサイト




雅楽の団臨

 AKKYさん、おはようございます。ナイスです!

 何時も乍ら良い天気の下、綺麗な写真です。
 
 阪急も12月17日のダイヤ改正で、京都線は、10連快速急行が8連に減車、宝塚線の通勤特急も8連に、神戸線の10連特急・通勤特急が半減のようです。

 ホームドアの関係で、6354編成の京とれいんは、廃止になると広報されています。1時間毎運転は必要なので、一般車での代走が、当面、続くのでしょう。

 神宝線は、10両固定編成が、相当数あるので、大量に車両余剰が生じます。一気に廃車にはなりませんが、5100系など、全廃になるのではと思います。京都線は3300系が更新車を除き、廃車になるでしょう。
 何れにしろ、早く記録しておかないと、いけないようです。

 次回の貴ブログのUPを楽しみにしております。
[ 2022/10/28 07:08 ] [ 編集 ]

今度のダイヤ改正

トレインマニアⅡさん

毎度コメントありがとうございます。
今回は晴天下で撮れましたが、じつは京都本線でもここまで晴れのなか撮った事がありませんでした。
もう一つの「京とれいん」もそうなんですが、こちらは晴れ間で撮る事がないまま引退してしまうことに。
それも含めて今度のダイヤ改正は結構大掛かりですね。
神宝線の10連減少で、余剰となった増結車がどうなるのか、非常に関心があります。
[ 2022/10/29 08:46 ] [ 編集 ]

被りのリスク

AKKYさんこんにちわ。Wです。
京とれいん雅洛、無事に武庫川下りの例のポイントで晴れで撮れましたね!
文章を読んでみると被りをギリ回避だったとのことでヒヤヒヤされたのかと思いますが、無事に通過してくれたようで良かったですね!
僕も阪急に関してはあの王子公園の特急被りで何度も痛い目に合っていますので気持ちはよく分かりますよ!
さて阪急は次の改正でいろいろ大きな動きがありますね。
一番気になっているのが初代京とれいん6354Fの去就です。
6300系の中で初めて乗った編成で思い入れがあるので、何とか臨時、貸切車両とかで残ってくれないかなぁ…と願ってます。
[ 2022/10/30 11:01 ] [ 編集 ]

ヒヤヒヤでした・・

Wさん

毎度コメントありがとうございます。
雅洛、何とか無事に撮れました(笑)
欲を言えば、あと30分ほど早ければ面は完全に日が当たったのですが。
雅洛が神戸線を走るときはいつも西北からなんですが、今度は三宮から走って欲しいですね。
いろいろ制約はありそうですが、御影S字で一度撮ってみたいものです。

さて、京とれいんですが、この改正で引退とは驚きました。
乗ったことはあるのですが、まだ晴れ間の写真を撮れていないので改正までに京都線へ行きたいものですが・・。
希望的観測ですが、しばらくは波動用に残ってくれそうな気はします。
[ 2022/10/30 21:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://dmhl.blog.fc2.com/tb.php/486-545d38a6